スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

草原ステレオ その5(完)

バックナンバー: →その1 その2 その3 その4

=======================================================================

(個人的には)怒涛の更新もついに5回目、そして最終回です。
俺、この企画が終わったら故郷へ帰ってゆっくり休むんだ…


sougen5-1.jpg
前回に続いて人物の塗りを修正しつつ、背景と馴染むよう草を描き足していきます。
と、その前に…


sougen5-2.jpg
描き忘れ発見!
さすがに表紙が無題の本は無いだろ…何かタイトルを書き込まないと…


sougen5-3.jpg
よし、これでいいやw


sougen5-4.jpg
人物と地面の接する部分に、80%筆ツールで草を描き足していきます。
ついでに味気ない感じだった服に新たな光を描き足しました。
こんな光はありえないけど、絵なので見た目が良ければ何でもアリだと思います!


sougen5-5.jpg
女の子の表情に加筆。頬の赤い部分を描くのは未だに苦手です。
もっと思い切って濃い色でもよかったかなあ…と少し反省('A`)


sougen5-6.jpg
ひとまず完成。
しかし、何か物足りない…

これは経験上…”絵のポイントがぼやけている”というやつです。ま、マズい!


sougen5-10.jpg

悩んだ結果、画面の右下に大木があると想定して木陰を作りました。
これは新規レイヤー(乗算)に20%エアブラシと消しゴムで適当に。
こんな感じでいつも途中から物が増えてます。計画性って何ですか?

右下が陰なので、左上のCDプレイヤーを光らせてバランスを取りました。
目線の流れが出来たので少しは良くなった…はず…?


sougen5-12.jpg
最後に、Photoshopに移動して絵全体の完成度を上げます。
一番上に新規レイヤーを作成して、紫色で塗りつぶし、モードをソフトライトにします。
こうすると人物と背景がより馴染む気がするので自分はいつもやっています。
絵の雰囲気によっては焼き込みカラーやオーバーレイにしたり。色々試してみると面白いです。


sougen5-11.jpg
左が普通の絵、右がソフトライト25%を乗せた絵です。
細かい部分で見ると違いが分かりにくいけど、全体的に見ると結構な違いがあります。

細かい理屈は分かりませんが、全体が共通の色成分を持つことになるので
絵としてのまとまりが良くなるのではと思います。
細かい理論はCG講座や教本をご覧頂くと分かるかもしれません。


…というわけで、今回もなんとか完成しました。



色の話を中心にと言いながらも第1回とあまり大差なかった気がしますが、
『だんだんできていくCG』第2回はこれにて終了です。
グダグダになりかけの企画をご覧頂いた皆様、ありがとうございました。


最後に、誰もが感じるであろう疑問をはっきりさせて終わろうと思います。


Q:この二人はカップルですか?

A.ご存知、ないのですか?
  ふるひろがカップルなど描くはずがありません。この二人は仲の良い兄妹です。


今回の絵で反省点がたくさん見つかったので、しばらく修行することにします。
あ、次回の企画は未定です。これやるの結構大変なんでw(ぶっちゃけすぎ)

スポンサーサイト

2009/04/22 05:41 |企画2COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

草原ステレオ その4

バックナンバー: →その1 その2 その3

========================================================================

早くも4回目、本日も画像多目でお送りします。
完成に向けてまっすぐゴーだぜ!


sougen4-1.jpg

新規レイヤーを作成して色を置いていきます。
色を置くと今まで見えなかったデッサンの狂いが見えてくるのでついでに修正。

今回のレイヤーは、最後まで[人物線画][人物の色][背景]の3枚です。
パーツ毎にレイヤーを使うと塗る時に切り替えるのが面倒なので、最小限の構成にするのが
個人的に好きです。


sougen4-2.jpg

レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて濃い色を重ね塗り。
この濃い部分は影ではなくて陰です。物の丸み的な方です。

早速なじませたい気持ちを抑えつつ、先に全体に色を置きます。


sougen4-3.jpg

とりあえず色を置き終わったところ。
ここでバランスよく配色できていればOKです。

実はこの部分を公開するのが一番恥ずかしかったりw


sougen4-4.jpg

今度は髪のハイライトとなる色を乗せます。
草の緑成分を入れたほうが周りの色と馴染みやすいだろうと考え、緑系の白を選択。


sougen4-5.jpg

不透明80%の筆で馴染ませる。なんか上手くいかない…

どうやら髪のベースとハイライトの色の差が大きすぎたようです。ふ、不覚…


sougen4-6.jpg
打開策として、ハイライトに周囲の草から拾った緑色を混ぜてみます。
多少マシになった…はず。


sougen4-7.jpg  sougen4-8.jpg
気を取り直して肌や服の色を塗る。
明るい部分や草と接する部分に、反射光として緑~青の中間色を乗せます。
これだけでなんかそれっぽく(?)なった気がします。


今回はさらに詳しく色の決め方の話でも書こう…と思っていたけど
pixivで分かりやすい解説を見つけたので説明代わりに紹介しておきます。
て、手抜きじゃないよ!

■ きぃら~☆的お絵描き講座2♪【色塗前の基礎知識編】


sougen4-9.jpg

そんなわけで、影を入れたり小物に加筆したりしてなんとか形になってきました。
次回、人物と背景をさらになじませる為に努力します。次で終わりのはず…!

2009/04/21 03:00 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

草原ステレオ その3

バックナンバー: →その1 その2

========================================================================

これって草原というより芝生じゃね…? と思いつつ3回目。
レイヤーは今のところ、[人物線画][草原]の2枚構成です。

sougen2-d.jpg

前回の終わりがこんな感じでした。
次は、不透明度を80%ぐらいに下げた筆ツールで色同士をさらになじませていきます。


sougen3-1.jpg
アングルが真上寄りなことを意識しつつ、ひたすら塗り。

細部を塗るときは画面全体を見渡しながら作業するのがバランス良く塗るコツです。
お菓子でも食べながら楽しく塗りましょう。


sougen3-2.jpg  sougen3-3.jpg
色をなじませる過程で、なんとなく草の固まりを描いてみたり。
品種とか拘らずに草っぽく見えればいいと思いますw


sougen3-4.jpg

色に深みが足りないと感じたので、緑系に青緑系の色を乗せる事にしました。

こんな風に屋外の絵は、色の濃い部分に青~紫系の色を混ぜてあげると
リアリティが増す気がします。
なぜ青系の色なのか理屈はあるけれど、細けぇことはいいんだよ!(ぉ

sougen3-5.jpg
ブラシを水彩筆に持ち替えて、周囲の色となじませます。
これは草むらの濃淡を表現しているのでボケボケでも大丈夫です。


sougen3-6.jpg
ここまでの塗りでこうなりました。

先ほど塗り重ねた青緑の部分は微かに違いが分かるぐらいで良いかと思います。
何事も主張しすぎない方が後でいい事があるんです、きっと。


sougen3-7.jpg
まだまだ色の境界がぼやけているので、鉛筆ツールに変えてシャープな草を書き込みます。
これは全体にではなく、要所要所に描くとメリハリが付いて良さげです。




最後に、より自然に見えるように色相をいじって少し黄色に近づけました。
人物を塗った後でまた手直しする予定なので、背景部分はここで一旦ストップです。

========================================================================

次回はいよいよ人物を塗っていきます。
そういえば服の配色はどうしよう。考えてなかった…('A`)

2009/04/19 00:27 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

草原ステレオ その2

バックナンバー: →その1

妙なタイトルを付けてしまった事に若干の後悔を覚えつつ2回目です。
さっそく色を乗せていきます。

…と、その前に制作環境を簡単に紹介しておきます。
今回も使うソフトはSAIです。自分の画面構成はこんな感じになってます。

sougen2-1.jpg

…これは普通なのでノーコメントで進めます。

線画が色々と修正されてますね…本を持つ手とか。
前回の左の子のポーズを実際にやってみたら腕がつりそうになったので急遽変更しました。
昨日の絵の子は特殊な訓練を積んでいると言う事でお願いしますw

塗る前から既にグダグd…いやいや、これぐらいならまだセーフ!

まずは背景の草原を大まかに仕上げてしまおうと思い、全体を薄い緑で塗り。
そして、塗りつぶした色の彩度や明度を変えて筆ツールで塗り重ねます。
ツールの設定はこんな感じです。

sougen2-2.gif

ここからはブログの幅の関係で画面を横にしてお送りします…('A`)

sougen2-c.jpg

大きいサイズのブラシで色を乗せていき、

sougen2-d.jpg

ブラシサイズを少し小さくして細かいタッチを入れていく…をひたすら繰り返します。

色の選び方は、ベースの色からあまりにもかけ離れていると違和感が出るので
少しずつ色を変えていくといい感じです。
sougen2-e.jpg
試しに上の絵で使われた緑色を拾ってみましたが、やっぱり色同士の差が小さいですね。

あと、植物が葉の固まりの集合だと意識しながら塗るといいかと思います。
周りとの境界をなじませすぎると只の綺麗なグラデーションになってしまいますので。

…とか偉そうに言ってるけど、植物を描くのは久しぶりで実は戸惑っていたりします。
ちゃんと仕上げられますかねえ(´・ω・`)

========================================================================

線画の修正をやっていたら塗りの時間が取れなかったので今回はここまでー
次回で背景完成…できるといいなあ。

2009/04/18 03:08 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

草原ステレオ その1

こんばんわ、プリ○グルスうすしお味が好きでしょうがないふるひろです。
ブログ1周年から既に数日が過ぎましたが、やっぱり記念に何かをやることにしました。

何をやろうかと色々考えてみた結果、やはりここは絵のブログということで
昨年やった『だんだんできていくCG』の第2弾をやろうと思います。
いや、なんか第一弾の最後で暖かくなる頃に次回をやるとか書いてあったので。
(そんな第一弾の顛末はカテゴリの『企画』から見れます…でも見ないほうがいいと思うw)

前回は線画に苦労し、塗りで悩み、当初の予定とかけ離れた物が完成するという
個人的に悲しい結果に終わったので、今回は反省を生かして短期決戦で臨みたいと思っています。
…書いていたら当時を鮮明に思い出して泣けてきた。

ところでこれを見てくれ、こいつをどう思う?



すっごく…ベタなシチュエーションです…
しかしこのベタな絵が今回の線画です。チェンジはできません。
まだ色がないけど草原に寝転がっているイメージでご覧ください。

この線画、スキャナで取り込みをした際の汚れが残っているんですが
あえてノイズを残して背景に深みを出そうという実験的な塗りの為だったりします。
これが吉と出るか凶と出るか…塗っていけば分かると思います(そりゃそうだ)

取り込みは、『600dpiで取り込む→ソフトで解像度を300dpiに落とす』の手順でやってます。
こうすると直接300dpiで取り込んだときより線が綺麗に残るそうです。
あれ、これは昔も書いたっけ?


…と、こんな感じで進めていきますが、今回は第一弾で省略した色の話も交えつつ
やっていこうかなーと漠然と考えています。
本っ当ーに、細かい事は一切決めていません。塗りながら考えていきます。

次回はさっそく色を乗せていきます。

2009/04/17 04:29 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。