スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ストライクウィッチーズ 総評(?)

今夏に始まり、つい先日最終話の放映が終わったストライクウィッチーズ。
自分も最初のほうは感想を書いていたけど、
途中からはなんか気が乗らなくって投げ出していました。

しかし!

なんだかんだで縁があった作品なので、きっちり評価して終わりたいと思います。

▼長い、辛口、ネタバレありでよければクリック

スポンサーサイト

ストライクウィッチーズ 3,4話「一人じゃないから/ありがとう」

諸事情により先週分と併せて更新。

===============================================================

■3話 「一人じゃないから」

ウィッチーズに入隊した芳佳と、同じ階級のリネットがメインの話。
リネットも芳佳も新人でまだ未熟なので坂本少佐にビシビシしごかれる。

そんな時、ネウロイ奇襲の情報が入り主力メンバーが出撃。
しかしそれは囮で狙いは本部の戦力を薄くすることだった!
よくもまあ姑息なこと考え付くもんだ。
あまり知能が高くなさそうな外見とのギャップが激しいぜ。
敵の上層部には知能が高いのがいるんだろうか。

リネット&芳佳も出撃。しかし本番に弱いリネットは飛ぶのもままならない。
芳佳がリネットを肩車するような体形になり見事本命ネウロイを撃破。
んっ、支えるのはいいけどこの頃の芳佳も自分が飛ぶだけで精一杯だったような気が…

しかしネウロイも色んなタイプがいるんですな。
コンコルド型からロケット型まで様々。
なんかもう飛べるものなら何でもいいやみたいな印象が。
次回は意表をついて気球型とかでお願いします。

しかし今回、放送できない局もあったと聞いたけどそこまでエロスはなかったような。
ネウロイ撃墜後のリネット&芳佳の危険な体位(いわゆる69)くらいじゃね?

===============================================================

■4話「ありがとう」

リネットと仲良くなったが、まだチームの中で浮いている芳佳。
食事に納豆を出せばブーイングが飛び交う。
バルクホルンに至っては手もつけずに食堂を去る。
なんという異文化コミュニケーション失敗…。

その後、ウィッチーズ隊員に給料が出ることを知らされ驚く芳佳。
最前線に立つ者へせめてお金には不自由しないようにとの気遣いだとか。
その話題を大浴場で持ち出していると、坂本少佐に聞かれていた。
驚くリネットと芳佳。

リネット「少佐、いたんですか!」
坂本「はっはっは、注意力が足りないな」

実はその後ろで坂本さんもストーカーされているのに気づいていない。
こ、言葉に重みがねえ!(^^;
だめだこの上司、はやく何とかしないと…

その後もバルクホルンになぜか避けられる芳佳。
実は芳佳が嫌いなわけではなく、戦場で傷ついた実の妹の面影を感じさせるので
意識的に避けていたのだった。
芳佳はそんなこと知る由もないので落ち込む。
toba2.jpg
二頭身だと落ち込んでるというより呆れてるみたいになった…まあいいや

やがて毎回恒例のネウロイ出撃の知らせに出撃する皆々。
いつもは冷静だというバルクホルンが暴走して墜落してしまう。

(略)

↑は心の純粋な人にしか見えない感想です。
心が荒んだ人には省略されているように見えます。

…というわけで、皆が頑張ったのでネウロイに勝利。
バルクホルンとも他のメンバーとも少し打ち解けられてめでたしめでたし。

===============================================================

次回は水着回。
といってもすっかり見慣れてしまったのであまり感動が…

タグ : ストライクウィッチーズ アニメ 感想

ストライクウィッチーズ 第2話「私にできること」

先週の続きで、一行がブリタニアに向かう途中にネウロイに襲われて
絶体絶命の状況で主人公が覚醒する話。

どこへ行っても「邪魔だ!」「ここにお前の居場所はない!」と突き放されて
しょんぼりする芳佳。
扱いがひどい気もしたけど状況が状況だから無理もないか。

皆が戦闘に向かう中で、何か自分にできることは無いかと模索する。
そんな時、ネウロイの放った攻撃が戦艦に命中して…

芳佳が意識を失っているとき、父親の言葉を思い出す。
「お前には大きな力がある。みんなを守るような立派な人になりなさい」
その後目覚め、目の前には父親の造ったストライカーが…

父親の造った装備だというのが戦いを決意するポイントだと予想していたけど
本当に父親がキーパーソンとは…捻りが無展開が直球ですなあ。

その後覚醒した芳佳と坂本のタッグでネウロイを押し
同じくウィッチと思われるキャラが止めを刺して勝利。

それにしても、芳佳が活躍するたびに
坂本さんが「なんて奴だ…」「まさかここまでとは…」を連発するもんで
某忍者漫画を思い出してしまった(^^;


N△RUT○風ストライクウィッチーズ(△、○は伏字)
ネウロイの形が違うけど気にしてはいけない。

ブリタニアに到着した芳佳が手紙の住所を訪ねると、そこは焼け跡。
父親はすでに亡くなっていた!
その展開は読んでなかった。これで再会する可能性は無しか…
父親の意思をついで芳佳はウィッチーズに入隊を決める。

うーむ、好意的に感想書いたつもりだけど、何かが足りない感が否めない。
この先も感想を書き続けるかは次で、3話まで観て決めるつもり。

ストライクウィッチーズ 第1話「魔法少女」

今夏開始の中で放送が確認されたのが、今のところストライクウィッチーズのみ。
そんな縁もあってかるーく感想を。

=====================================================

OPから主人公多っ!て思ったんだけど自分だけ?
こんなに沢山いてキャラ立つんだろうか。うーむ。

舞台は少女にのみ魔力が存在する戦争中の世界。
そして、なぜかスク水+セーラー服という服装が当たり前。

そうか!これなら下着を揃える必要もないし
暑い日はそのまま水に飛び込めるという一石二鳥ですね!
…いや、やっぱりねーよw

st.gif

服装のことでこんな風に恥らう姿は見られないのです。む、無念…

ストーリーを簡単に説明すると以下のような感じ。
主人公宮藤芳佳が級友と下校途中に不慮の事故に遭遇、級友が重傷を負ってしまう。
(級友の人、ちゃんと名前があった気がするんだけど…ごめん忘れた)

魔法で治癒を始める芳佳。患部に直接触れるわけでもないのになぜかセーラー服を裂く。
それを見ていた軍人の坂本美緒。芳佳に素質を見いだして軍隊へと誘う…

回想シーンの主人公の宮藤の父役がどこかで聞いたことある声だなーと思ったら
ドルアーガのメルトの声だと気づいて吹いた。メルトさんなにやってんすか(^^;

芳佳が父親の手がかりを求めてブリタニアへ旅立つ途中に
長年抗争を繰り広げてきたネウロイと呼ばれる敵に襲われたところで1話終了。

芳佳は人々を助ける役ならやりたいみたいなことを言ってたけど
流れ的に戦闘に参加するんでしょうね。
戦争嫌いがどういう経緯で最前線に立つようになるのかは気になるかも。

うーん、やりたいことは伝わってくるんだけど、とりあえず様子見かな。
もし序盤に出てきたスイカのおじいちゃんもスク水セーラーだったら
衝撃のあまり毎週観てしまうところだった。
ふう、あぶなかったぜ…

タグ : アニメ 感想 ストライクウィッチーズ

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。