スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

『Solatorobo ~それからCODAへ~』プレイ総括

Solatorobo~それからCODAへ~(通常版) 特典 予約特典・スペシャルDVD「Soratorobo Prelude Disc」付きSolatorobo~それからCODAへ~(通常版) 特典 予約特典・スペシャルDVD「Soratorobo Prelude Disc」付き
(2010/10/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る


とりあえずクリアしたので感想など。

十数年前にPS1で発売されたテイルコンチェルトと同一世界の作品ということで
密かに気になっていたので購入。
テイルコンチェルトやったの学生の時だよなー…と余り言うと歳がばれるので
まあそれは置いといて…('A`)

簡単に言えば、ロボに乗って物を掴んだりしながら3Dのフィールドを進む
よくあるアクションゲーム。
話は…世界が破滅するーとか敵キャラが味方になるーとお約束要素満載の王道。
しかしながら、ケモノ+人間という下火なジャンルにフルプライスで挑む姿勢は
無謀なのか大胆不敵というか何と言うか。
バンナム…無茶しやがって…


前作のテイルコンチェルトもロボに乗った犬キャラが主人公で、
そちらは掴む+水玉を噴射する攻撃手段があったけど
今回は掴むオンリーで、機能を削った分、スキル要素が加わることで強化されてる感じ。

操作はダッシュで移動できるのでほとんどストレス無し。
ただ、ジャンプとダッシュが同じボタンなので(1回押しと2回押しで効果が変わる)
操作ミスが出てしまった辺りはやや残念かなあ。
あと、画面の奥の方に移動すると小さくて見づらかった(ポリゴンが細かくないので)
慣れれば問題ないけど。

グラフィックはPSPゲー辺りと比べるとやはり粗さが目に付いてガッカリしたけど、
DSにしてはかなり頑張ってる部類。
何より、生活感を感じさせながらもファンタジックな世界観は素晴らしいの一言。
構想10年、開発3年は伊達じゃない。
設定資料集を見ると分かるのですが、ゲームに全く出てこない住民のトイレの様式まで
細かに設定してあった。すごい、スタッフの本気度が半端ない。


結局面白かったのかと言えば…時間を忘れてプレイしていたという意味では
楽しんでいたんじゃないかと。
自分は寝食を忘れてやるほどではなかったかなー。

でも、前作に無かった機体のカスタマイズはやりこみ要素として面白かったし、
シリーズ伝統の黒猫団のチビ猫を捕まえて写真を取り戻す要素も良かった。
何より目立つバグが無かったのが良かった! あれ、これは普通か…


現在、レベルやロボのカスタマイズを引き継いで2周目に突入していますが、
ストーリーは変わらないのでまったり進めていこうと思います。
スタッフに愛されてるなーと感じさせる良作でした。

スポンサーサイト

2010/11/21 00:24 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

極限脱出 9時間9人9の扉

レビュー第二弾。


極限脱出 9時間9人9の扉極限脱出 9時間9人9の扉
(2009/12/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る


※ネタバレはありません


( ゚д゚)<騙・され・たー!(いい意味で)

あの「Ever17」などを手掛けた打越鋼太郎氏の最新作。

…というのはプレイし終わってから調べて分かったことで、
「かまたいちの夜」のチュンソフトのノベルゲーだという理由で目をつけていた作品です。
素晴らしいストーリーでした! 2009年個人的ベストゲーム賞を贈りたいです。

内容としては、沈没していく船に閉じ込められた主人公含む9人が
”ノナリーゲーム”という独自のルールの元で9時間という制限時間内に
出口の扉を探せるかというもの。ジャンルは脱出系アドベンチャーでしょうか。
(…と買う前~プレイ途中までは思っていましたが、どう見てもADV主体でした、本当にry)
全エンディングを見るまでに10時間強と程良いボリュームです。

レビューに入る前にいきなり横道に逸れますが、
ゲームってのはプレイヤーと画面内のキャラが存在して
コントローラがその二つを介して初めて遊ぶ事ができるわけで、
例えばアクション物なら
「なんでAボタンを押すとジャンプするんだよ!
 ボタンがキャラの足の運動神経と直結しているのかよ!」

という”それは言わない約束だよ”的なツッコミをすることができるものです。
コントローラはキャラを操作するもの、という暗黙の了解の下に成立している。

いきなり何を言い出すんだと思われるかもしれませんが、恐ろしい事にこのゲーム、
それらのお約束をことごとく逆手に取ってきます。

ところでノベル系ゲームっていうのは選択肢で結末の変わるものが多くて
これは突き詰めれば「あそこで選択を変えたらこういう未来もあるんですよー、
せっかく話を思いついたんだから読んでくださいよー」というスタッフの主張によるもの。
このゲームも例に漏れずマルチエンディングなんですが、
そういう”ノベルゲームとしてのお約束”までも伏線として使ってくる。
繰り返し色々なエンディングを見ること自体に理由付けをしている。

他にも、脱出パートが比較的簡単に出来ている理由(周回プレイを前提としていること以外で)、
小学校以来の再会を果したヒロインが今でも主人公にベタ惚れ(二次ではよくある事)の理由など
一般的なお約束要素がことごとく伏線に使われていきます。
なんとプレイヤーがDSで話を進めていくこと自体も伏線です。
打越さん、恐ろしい人やで…

一番ビックリしたのはやはり、DSならではの機能を使った仕掛け。
遊び始めて「あれ、なんか気になるな…と思ったけど、このゲームはこういう作りなんだろうな」
それほど気に留めないでいた部分がまさか最大級の伏線になっていたとは。
DSというインターフェイスを上手く利用してきたゲームは過去に幾つか見たけど
それらとは全く発想の次元が違う。ネタバレになるので書かないけど、尋常じゃない。

…とまあ、ネタバレしないで書くとこんな感じになってしまい、
恐らく読んでいる人は「何がなんだか分からない…」状態だと思います。
というか、ネタバレしても多分何も伝わらないんです。
実際に遊んでトリックを理解できないとこの衝撃は分からないと思います。
なぜ主人公たちはゲームに参加させられたのか、なぜこのメンバーなのか、
全てが一点に収束していく様はまさに圧巻の一言です。

…なんてベタ褒めしたけど、実は人を選ぶ内容だったりします。
『トンデモ科学に嫌悪を示すような人』『全てにきっちり説明を付けない物語の嫌いな人』は
向いてないかなーとは思います。
自分も未消化部分が気になるけど、それを差し引いても人に勧めたい。
そんな当たりゲーでした。
さあ、これを読んだ人はゲーム屋へ走る作業に入るんだ…

2010/01/23 03:58 |ゲームCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

ゼルダの伝説 大地の汽笛

病の床に臥せっていた間に消化したゲームのレビュー第一弾。
内容を忘れないうちにレビューしておきます。


ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
(2009/12/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


お馴染みゼルダシリーズの最新作。
ほぼ全てをタッチペンで操作するのは前作と変わらず、
大きな差異はゼルダ姫を仲間に加えて行動するぐらいでやっぱり内容は王道。
王道大好きだからいいんですけどね。
やりこみ要素もそれなりにあって満足できるボリュームでした。

以下、気になった点。
今回は汽車でフィールド上の線路を移動するんだけど、その移動速度が遅い。
まあ汽車はそもそもそんなに速く進めるものじゃないんだから、
その辺のリアリティを追求したのかもしれないけど。

『せこせこ急がないでゲームの中でぐらい時間を気にせずゆっくり進むといいよ!』
というスタッフのメッセージでしょうか。
それでもやっぱり移動がすごく…かったるいです…

開発側にもその自覚があったのか、ワープゾーンという救済措置はあるけど使い勝手が今一で
結局、移動のかったるさが遊ぼうという意欲を随分と削いだ気がします…

次回作は移動面だけ改善してほしいなあ。じゃないと購入してあげないんだぜ?

2010/01/23 02:28 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

アナザーコード:R プレイ終了

アナザーコード:R 記憶の扉アナザーコード:R 記憶の扉
(2009/02/05)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

気が付けば久々のゲームレビュー、第5回目。
購入してから早くも一ヶ月以上経ちましたが、昨日ようやくクリアしました。
こんなに時間が掛かったのは理由があるのですが、それはまた後ほど…

DSで発売されたアナザーコードというADVの続編となる今作。
自分はDS版を発売当日に買ってプレイしたクチです。

このDS版、売り文句だった謎解き部分は文句なしに面白かったんですが
ストーリーのあまりの短さにがっかりした記憶があります。
果たして、Wiiに舞台を移した今回は満足の行く出来になっているのか…!?

ネタバレがあっても気にせずに読んでやんよ、という心の広い方は続きをどうぞ。

★この記事の続きを読む

2009/03/11 02:06 |ゲームCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

アヴァロンコード レビュー

アヴァロンコード 特典 アヴァロンの預言書 シークレット オブ アヴァロン(オリジナルドラマCD&設定資料集)付きアヴァロンコード 特典 アヴァロンの預言書 シークレット オブ アヴァロン(オリジナルドラマCD&設定資料集)付き
(2008/11/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る

※ネタバレ満載です

誰も待っていないゲーム感想第4回、ついにアヴァロンコードの感想です。
クリアして暫く経つので細かい部分は忘れてしまいました。
そんなわけでざっくざくと振り返ります。

製作はマトリックス。
あの激ムズアクションRPG、アランドラ(PS)を作成した会社で有名です。
ふるひろはこのゲームを中古で購入してプレイしていました。
しかし留守中に部屋に入った母親がこれのパッケージを見て「なんて禍々しい!」と叫び、
ソフトもろとも勝手に処分されたという苦い思い出があります。

 改めて見ても全然禍々しくないような

…思い出したら目から汗が出てきそうになったので、さっそく本題に入ります。

■ストーリー
舞台は中世。
”預言書”と呼ばれる白紙の本を手に入れた主人公は本の中にいた精霊に、
「この世界もうすぐ滅びる、マジヤバイ。次世代に残したいものを早くここに書き記せ」

というようなことを言われます。
だから世界の貴重なものを探して旅に出ました。そんなお話。

■システム
預言書に始まり、預言書に終わるアクションRPG。
情報を書き記すには対象物に本をぶつける”スキャン”と呼ばれる行為を行います。
対象は人、花、モンスター、武器など様々。
ぶつければ情報が書き込まれるわけです。ド○えもんの暗記パンのようです。

■コードについて
スキャンをするとそれを構成する”コード”が記録されます。
要は遺伝子みたいなものです。火や鉄や病など。
このゲームの面白いところは、このコードを自由に外したり付けたり出来るところです。
例えば病コードのある人物は”病弱な××”のように名前に称号が付いています。
病のコードを外して代わりに炎のコードを付けると、称号が”炎の××”と変わります。
詳しく書くと長くなりすぎるのでこの辺で終わります。

不満点その1:コード書き換えにMPが減る
コードを書き換えるたびにMPを消費します。つまりMPが無いと何もできません。
しかしRPGのお約束、”家で休む”を行ってもなぜかMPだけ全回復しない謎仕様。
MP回復のためには、
(1)フィールドにある壷を壊す(滅多に見つからない)
(2)敵を倒す(しかも宙に打ち上げる特殊な倒し方で)
の二つしかありません。これのせいで度々イライラさせられました。

不満点その2:操作性が最悪&コード探しが面倒
武器やアイテムを改造するために特定のコードを付ける必要があります。
そのコードを預言書内に持っているのか、あるのならどのページにあるのか。
検索する手段はありません…
全部記憶するか、預言書のページを順番にめくって見ていくしかありません。
しかもページをめくる度に表示までに若干のタイムラグがあるためここでもイライラ。
使いたいコードを探すだけの為にプレイ時間の25%は使いました(実話)

■戦闘とアイテム
預言書に書かれている武器ならばどれでも使うことができます。
剣の回転斬りが最強すぎる。こればっかり使っていました。

この世界にはHP回復のアイテムを買うという概念はありません。
MPを消費して預言書に書いてあるアイテムを具現化して使います。
だからMP=硬貨みたいなものです。
しかし上に書いたようにMP回復の手段が限定的。
もうお分かりですね?MP切れの度にストレスが溜まります。

■恋愛システム
この手のゲームではお馴染みとなりつつある、異性キャラとの恋愛。
全年齢対象なので残念ながら深いところまでは描かれません。ハグするぐらい。

候補は5人で、最初に自分が選んだヒロインは病弱で幼馴染のファナ。
病弱で幼馴染。選ばないわけがない。

話し掛けるかプレゼントをあげれば好感度が上がるので難易度は低いです。
勿論、プレゼントをあげた方が一気に好感度が上昇します。
モノより思い出ならぬ、会話よりモノ。正直でよろしいです。

ava.gifプレゼント漫画(実話なんだぜ、これ…)

漫画なんて簡単だと思ったら大間違いだった…
構図、吹き出しの大きさ、文字の大きさ。バランス良く描くのがこれほど難しいとは…

ところでこの恋愛パート、システムの性質上浮気ができるという恐ろしい一面があります。
例えば、ファナと恋人になっている状態で他のヒロインAと仲良くなる
  ↓
やがてAから告白される
  ↓
OKするとAが新たな恋人になる
  ↓
ファナはどうなったかと話しかけてみると、友達関係に戻っている

なんという恋愛の上書き保存…
ファナと友達に戻るまでが描かれていないのがさらに恐ろしい。
絶対に見えないところで修羅場があったはずです。

しかしnice boat.な展開はないので大丈夫です。全年齢対象だし。どんどん浮気しましょう。
締めが最悪だこの感想!

2008/12/12 03:04 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

西村京太郎サスペンス2 -金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影-

西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影西村京太郎サスペンス2 新探偵シリーズ 金沢・函館・極寒の峡谷 復讐の影
(2008/11/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る


※ネタバレを含んでいるので未プレイの方はお気をつけてださい。

全3章構成の推理物ADV。
ミステリー界の巨匠、西村京太郎氏が原案・監修を務めたことで話題となった作品の続編。
気が付いたら手元にありました。そして財布から数千円が消えていました。
なんというミステリー。


■メインシナリオ
今回の出来はどうかと言えば…うーん…微妙でしたw

こういうADVはプレイヤーを操作に慣れさせるために、序章は簡単な事件を扱うのが
セオリーですが、今作はそんな生易しいゲームではありません。

1章の事件では冒頭でいきなり死体が消失して、いつ再発見できるのかと思っていたら
陶芸の窯で跡形も無く焼き尽くされてしまい、二度と登場することは無かった←反転
という離れ技をやってくれました。
さすがテクモ! 俺達が予想もしないことを序章からやってのけるッ!そこに(ry

しかし残りの2章は…うーん…1章に力を入れすぎて失速してしまったんでしょうか。
なんだかフリーゲームでも遊べそうな内容でした。
最終章が一番簡単だったのが、何とも肩透かしを食らった気分でした…


■サブシナリオ
実はメインシナリオよりもこっちが目当てで買いました。
早い話が推理物のミニゲーム集なのですが、パズルスキーな自分にとっては
物を質に入れてでも買わずにいられなかった。いやそこまで困窮してませんけど。
今回は100問収録されているので、毎日数問ずつ解いています。

これが収録されるうちは次回作も買ってしまうんだろうなあ…


■キャラクター
実写に近いながらも個性的なキャラが多くて楽しかったです。

個人的VIPは、3章にだけ出てきたメイドの留美さん
主人公の動向を監視したり、会話を盗み聞きしていたりとどう見ても怪しい人なのですが
実は他人を尾行するのが趣味なだけだったという凄いオチでした。

主人公に尾行の事を問いただされても「性分なもので…」で済ませようとします。
周囲の人も「まったく、仕方ないなあ…」で済ませるのは何か間違ってる気がしたけど
別の方向で面白いのでこれでいいと思います(ぇ

実は初メイド絵

主人公やヒロインを描かず、真っ先にサブキャラを描く。
これがふるひろクオリティ。

次はアヴァロンコードの感想でも書こうかな…

2008/12/03 20:41 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

リズム天国ゴールド

リズム天国ゴールドリズム天国ゴールド
(2008/07/31)
Nintendo DS

商品詳細を見る


名作、メイドインワリオのスタッフが手がけていることで有名なゲーム。
絵を描く合間にちまちまやってます…もとい絵も描かずにひたすらやってます。
現在ステージ8の2までクリア。

前作の『リズム天国』もそうだったけど、
リズム感が人並みもしくはそれ以下な自分にとっては難しい。
ポテチ食べながら1ステージクリアしろなんて言われたら100%無理。
とにかく気の抜けないゲーム。

かと言って難易度高すぎでお手上げかというとそうでもなく、
何度か挑戦すればハイレベルを取れる絶妙のバランス。

これをクリアなんて無理だろ…常識的に(AA略)
と思っていたステージをクリアした時の爽快感がなんともいえないのです。

あと、出てくるキャラがすごく独創的。スタイリッシュなんだけど萌え要素もアリ、みたいな。
中でもバックダンサーのカエルが妙に印象に残っている。なんなんだこれは。
kerokero.jpg
うろ覚え
これじゃあカエルというより江頭風のでっていうだ(´・ω・`)

買うかもしれないものリストに入っているWiiの零はまだ買ってません。
なんか怖そうなので(>そんな理由!?)

2008/08/09 23:47 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

THE 爆弾処理班

SIMPLE DSシリーズ Vol.41 THE 爆弾処理班SIMPLE DSシリーズ Vol.41 THE 爆弾処理班
(2008/07/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る


プレイ終了。
そういえば久しぶりにゲームらしいゲームをやったかも。

全8章構成で、各章に出てくる2~3個の爆弾をタッチパネル操作で解体していくゲーム。
同じメーカーが作ったTHE 鑑識官2が面白かったので買ってみた。
ブランド買いならぬスタッフ買い。

爆弾処理がメインかと思ったらアドベンチャーパートが予想より多かったのが残念。
事件の背景とか別にいいから、ひたすら爆弾処理だけできるモードが欲しかった。

肝心の爆弾処理の内容も、HIT&BLOWを解くとか肩透かしなのが多かった。
PSで出た鈴木爆発みたいのを期待してたのに…

良かったのは、アウトローな生活を送る主人公が安易に成長しないところかね。
劇場版ドラえもんのジャイアン並にきれいな主人公になるENDじゃなかったので
その辺りは満足。
続編を作るならもっと爆弾処理をメインにしてほしい。

タグ : 爆弾処理班

2008/07/14 14:46 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。