スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

とらドラ!#24「告白」

3月も下旬に入るこの頃、視聴者の実生活にも何らかの変化があります。
例えば学校生活からの卒業だったり、今住んでいる地域からの引越しだったり、
職場の先輩が明らかに自分に非があるのに逆ギレしてその勢いで辞職したり。

えっ、やだなあ。一般論ですよ、一般論。40代のいい大人がそんな事するわけが…(ry

そんなわけで最終回直前の今回、竜児たちの環境にも大きな変化がありました。
上手く本編の話題に繋げたっぽいけど変化ってキーワードしか共通点ないよね。


とらドラ!第24話 告白


分かりやすいストーリーだったけど、チャートでおさらいしてみます。

みのりん、竜児にとって最悪のタイミングで告白
   ↓
大河と竜児がいい雰囲気になるも、親から反対されて逃避行
   ↓
川でプロポーズ
   ↓
みのりんも亜美も竜児が好きだった
   ↓
竜児と大河、皆に支援されて駆け落ち
   ↓
逃げたら母親と同じだと思い向かった祖父宅で俺の嫁宣言


なんという詰め込み…BLEACH作者なら全て描くのに3ヶ月掛かるレベル。
あ、別にBELACHの展開が遅いと言っている訳でなくてですね、というかコマがでかい(ry

虎竜がついにカップルになりやがりました。
まあ、このブログでは放送当初から『竜児と大河は夫婦』説を唱えてきたので
竜児と大河がくっ付いても別段驚いたりはしなかったです。
そもそもタイトルが"とらドラ!"だしな…

フェードアウトしつつあった大河父の話題も出ました。
事業に失敗して夜逃げという救いようの無い状態にあるようですが、
ひょっとして文化祭に姿を見せなかった時点でこうなり始めていて
娘の大河に迷惑が掛からないようにこれまで姿を見せなかったんじゃないですかね。
大河の方から会いに来ないように徹底的に嫌われる行動を取ってきたのであれば
なんて悲しい話。多くは語られていないので推測ですけどね…

みのりんからちゃんと反省と謝罪の言葉があったのが良かったです。
皆ちゃんと向き合って話し合っていればここまで拗れずに済んだんだよなあ…

亜美はこのままお色気担当と見守り役で終わってしまうんでしょうか(´・ω・`)
PSP版のゲームで亜美救済シナリオが入るという噂もこの展開なら頷けます。

そして北村はお米券。恋をしてないのに恋をしている人達より救われてますよねこの人…

これまでの話から察するに、竜児は今回が初めての親への反抗だったんですかね。
最初の反抗が駆け落ちだなんて爆弾が大きすぎです。
そりゃ反抗慣れしていない竜児母はどうしていいか分からず逃走しちゃいますよ。
逃避行しようとしている息子よりも先に逃避行に出るなんて離れ業も仕方ない。

息子は息子で、駆け落ちなのにお弁当作ったり相手もお菓子用意していたりと
どちらかと言えばカップルのお泊り旅行…ケフンゲフン!
そもそも二人は別荘まで行って何する気だったんですか?
そもそも二人は別荘までイってナニする気だったんですか?
大事なことなので2回と見せかけて1回ずつ書きました。これはひどい下。


次回、長かった話もいよいよ最終回。
脚本に散々弄られまくったゆり先生に救いの展開はあるのか!?

2009/03/19 18:38 |とらドラ!(終)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

もっと熱くなれよ! と修造に焚き付けられて――
という前回の回想をしちゃったために、
みのりん見る度に修造が浮かんで、知らず知らず
顔がにやけてしまいましたw
(本編の飛び道具はなくなっちゃったけど、有志の
飛び道具があるとは思ってなかったw)

>皆ちゃんと向き合って話し合っていればここまで拗れずに済んだんだよなあ…
どこかのレビューで見ましたが、
「個人が抱える問題に対し、個人で解決してしまう」
という構造がとらドラ!にはあるとか。
仲間ではあるんだけど、問題の共有まではしたくない、
という微妙な距離感が、問題の根の深さを表しているというか、
頼りになれない無力感を表しているというか。
(うまいんだけど、見せられない部分を見たい)

次回で最終回。果たしてお米券は使われることに
なるんでしょうか?w
(最後は北村エンドですよね!)

No:71 2009/03/23 22:47 | のな #- URL [ 編集 ]

> のなさん

> みのりん見る度に修造が浮かんで、知らず知らず
> 顔がにやけてしまいましたw
24話のみのりんは修造ライクな言動が多目でしたよね。
「一つのところに命を懸ける!」など思想も似ていて自分もニヤニヤしてましたw

> 仲間ではあるんだけど、問題の共有まではしたくない、
> という微妙な距離感が、問題の根の深さを表しているというか、
> 頼りになれない無力感を表しているというか。
なるほどー、今までとらドラに感じていた異質な物はこれだったんですね。
(よくある話だと、登場人物が悩む→仲間が気づいて相談に乗る、で
話が展開していくものが多いので、皆が自己完結型の話は新鮮でした)
皆しっかりレビューしてるんだなあ。
僕は同じ頃、修造に心を奪われて動画観て笑っていました。だ、駄目だこいつ…

> 次回で最終回。果たしてお米券は使われることに
> なるんでしょうか?w
北村「高須、この券で良い米を買って大河と幸せな食卓を囲んでくれよ」

…だと思ったそこのあなた。もっと幸せになれる方法があるんですよ。
米→米国なのは言わずもがな、現在のアメリカの一部の州ではなんと
同姓婚が認められているのです。
つまり、そこへ竜児と北村が行けば…もうお分かりですね?
北村エンドの為には亡命しかない! ファイナルアンサー!

ああ、コメント欄がどんどん上級者向けの雰囲気にorz

No:72 2009/03/24 17:32 | ふるひろ #DexK2noU URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。