スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

草原ステレオ その3

バックナンバー: →その1 その2

========================================================================

これって草原というより芝生じゃね…? と思いつつ3回目。
レイヤーは今のところ、[人物線画][草原]の2枚構成です。

sougen2-d.jpg

前回の終わりがこんな感じでした。
次は、不透明度を80%ぐらいに下げた筆ツールで色同士をさらになじませていきます。


sougen3-1.jpg
アングルが真上寄りなことを意識しつつ、ひたすら塗り。

細部を塗るときは画面全体を見渡しながら作業するのがバランス良く塗るコツです。
お菓子でも食べながら楽しく塗りましょう。


sougen3-2.jpg  sougen3-3.jpg
色をなじませる過程で、なんとなく草の固まりを描いてみたり。
品種とか拘らずに草っぽく見えればいいと思いますw


sougen3-4.jpg

色に深みが足りないと感じたので、緑系に青緑系の色を乗せる事にしました。

こんな風に屋外の絵は、色の濃い部分に青~紫系の色を混ぜてあげると
リアリティが増す気がします。
なぜ青系の色なのか理屈はあるけれど、細けぇことはいいんだよ!(ぉ

sougen3-5.jpg
ブラシを水彩筆に持ち替えて、周囲の色となじませます。
これは草むらの濃淡を表現しているのでボケボケでも大丈夫です。


sougen3-6.jpg
ここまでの塗りでこうなりました。

先ほど塗り重ねた青緑の部分は微かに違いが分かるぐらいで良いかと思います。
何事も主張しすぎない方が後でいい事があるんです、きっと。


sougen3-7.jpg
まだまだ色の境界がぼやけているので、鉛筆ツールに変えてシャープな草を書き込みます。
これは全体にではなく、要所要所に描くとメリハリが付いて良さげです。




最後に、より自然に見えるように色相をいじって少し黄色に近づけました。
人物を塗った後でまた手直しする予定なので、背景部分はここで一旦ストップです。

========================================================================

次回はいよいよ人物を塗っていきます。
そういえば服の配色はどうしよう。考えてなかった…('A`)

2009/04/19 00:27 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。