スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

草原ステレオ その4

バックナンバー: →その1 その2 その3

========================================================================

早くも4回目、本日も画像多目でお送りします。
完成に向けてまっすぐゴーだぜ!


sougen4-1.jpg

新規レイヤーを作成して色を置いていきます。
色を置くと今まで見えなかったデッサンの狂いが見えてくるのでついでに修正。

今回のレイヤーは、最後まで[人物線画][人物の色][背景]の3枚です。
パーツ毎にレイヤーを使うと塗る時に切り替えるのが面倒なので、最小限の構成にするのが
個人的に好きです。


sougen4-2.jpg

レイヤーの不透明度保護にチェックを入れて濃い色を重ね塗り。
この濃い部分は影ではなくて陰です。物の丸み的な方です。

早速なじませたい気持ちを抑えつつ、先に全体に色を置きます。


sougen4-3.jpg

とりあえず色を置き終わったところ。
ここでバランスよく配色できていればOKです。

実はこの部分を公開するのが一番恥ずかしかったりw


sougen4-4.jpg

今度は髪のハイライトとなる色を乗せます。
草の緑成分を入れたほうが周りの色と馴染みやすいだろうと考え、緑系の白を選択。


sougen4-5.jpg

不透明80%の筆で馴染ませる。なんか上手くいかない…

どうやら髪のベースとハイライトの色の差が大きすぎたようです。ふ、不覚…


sougen4-6.jpg
打開策として、ハイライトに周囲の草から拾った緑色を混ぜてみます。
多少マシになった…はず。


sougen4-7.jpg  sougen4-8.jpg
気を取り直して肌や服の色を塗る。
明るい部分や草と接する部分に、反射光として緑~青の中間色を乗せます。
これだけでなんかそれっぽく(?)なった気がします。


今回はさらに詳しく色の決め方の話でも書こう…と思っていたけど
pixivで分かりやすい解説を見つけたので説明代わりに紹介しておきます。
て、手抜きじゃないよ!

■ きぃら~☆的お絵描き講座2♪【色塗前の基礎知識編】


sougen4-9.jpg

そんなわけで、影を入れたり小物に加筆したりしてなんとか形になってきました。
次回、人物と背景をさらになじませる為に努力します。次で終わりのはず…!

2009/04/21 03:00 |企画2COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。