スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?5」

4月にも書いた、放送終了を迎えたアニメを季節ごとに評価するこの企画。
今回もお声を掛けていただけたので、更新ネタに困っていたこともあり参加してみました。

今期は意識して視聴作品を減らしたので、予告どおり数はかなり減ってます。
というか、冬期の視聴ラッシュが異常だったんだ…よくあれだけ観れたなあ自分。


【アスラクライン】
ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…3
総合点…18

ロボよりもラブコメ部分が気になってぼーっと毎週観ていたんですが、
なぜだろう…話が全く頭に残ってない(゚д゚ ;)
キャラデザの性質なのか、作画が崩れるとすごく顔が細長くなる時があり
別の意味で楽しめた事だけは覚えています(なんて奴だ)

主人公がアスラ・マキーナと射影体の関係を知った所で話が終わって
これ2期あるんだろうなーと思っていたら、本当に2期が決定していました。
なんだろう…ホワルバといい夏のあらしといい、最近は1クールを2回に分けるのが
業界の流行りなんだろうか。
それとも2クール放送に耐えられない制作会社の疲弊を訴える視聴者へのSOSなのか。
アニメ社会の闇は深い。


【けいおん!】
ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4
総合点…25

原作未読だけど、話題になっていたのでなんとなく観ていました。
ちっとも演奏シーンが出てこないのでなんだこりゃー…と思っていたけど
『音楽の皮を被った日常物』なんだと次第に気づいた自分に隙は無かった!

練習シーンが少なくてもライブ本番では成功するのはフィクションだとして
唯の成長の早さは異常。初心者が2年でボーカル兼演奏は凄い、凄すぎる。
バンド仲間に恵まれるって大事ですよね…ええ、よく分かります…

梓入部後、作品の雰囲気に合わないと感じるエピソードもたまにあったけど
等身大の女子高生を描くことがテーマだとすれば京アニの狙いは成功なのかも。
売れる売れないの話は抜きにして。

キャラデザ・作画は女の子の柔らさを感じさせる良い仕事だったと思います。
作画スタッフGJ。


【夏のあらし!】
ストーリー…4
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…4
総合点…22

原作が本屋で平積みされていて興味を持ち、一昔前のようなキャラデザに驚き
ラブコメだと思っていたら最終部分で戦争の暗い影が絡んでいたという、
まさに嵐のように過ぎていったアニメでした。

演出は…良くも悪くもシャフトだなあと。
光の演出が過剰で観ていてちょっと疲れたので2期はなんとかして欲しいです。
その…奇をてらうだけが演出じゃないと思うんだ…

キャラデザは過去物ということで、あえて昔らしさを出したんですかね。
原作でもああいう顔だという意見もちらほら見たけど。それでも潤かわいいよ潤。

初回と最終話のタイムパラドックスの話は…その…よく分からなかった…
昔と比べて自分の理解力が落ちたんだろうか。年は取りたく無いもんです('A`)
2期も決まっているみたいだけど大丈夫なんですかね、収益面とか。


【東のエデン】
ストーリー…3
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4
総合点…24

唯一感想を書いていた作品とうこともあり思い入れは強いんですが
劇場版に伏線を丸投げした印象が強いのでちょっと評価低めに。

『現代社会に100億円持った人間が12人いたらどうなるか』という
思いつきそうで誰もやらなかったテーマに惹かれて観始めたんですが
滝沢は正義か悪か、視聴者に疑わせる話の構造は面白かったと思います。
咲ちゃんが話に振り回されてキャラクターにブレがあったようにも感じたけど
『滝沢を信じている』という部分が揺るがなかったのは好印象でした。

作画は安定していていたけど、格段凄いわけでもなく。
音楽は悪くなかった気がするけどなぜかあんまり印象に残っていません。
11話で60発のミサイ…飛翔体を撃墜する部分でジャカジャカ鳴っていたのは
ちょっと気になったけど。映画もああいう音楽なんですかね。

しかし…今まで主人公の名前を散々滝沢と書いてしまったけれども
実はそれも偽名でしたというオチは…ないか。

ストーリーは改めて思い返すと、色々と消化不良だったような…
王子になったという引きじゃ、筋金入りのニート達は映画館まで足を運ばないんだぜ!
ところでうちの地元の映画館でも上映されますか? 未だによく分からないんですが。


【ベストキャラクター賞】
滝沢朗(東のエデン)

その気になれば男も落とせる21世紀型主人公。
イケメンと言ってきたけど、実は母性本能を擽る童顔に秘密がある気がする。

【ベストOP賞】
「夏のあらし!」のOPは色々と卑怯w
毎週歌詞を変えてきた努力は評価に値すると思います。

【ベストED賞】
東のエデンのEDが好きでした。曲・画ともに良かったです。

【ベスト声優賞・男性】
保志総一朗(戦国BASARA)

親方さまぁぁぁぁぁ!

【ベスト声優賞・女性】
豊崎愛生(けいおん!)

キャラの性格にぴったりの声でした。
中盤のガラガラ声の再現度が半端なかった。最近の新人は凄いなー。


以上ー。ここまで読んで頂いてありがとうございました。

気が付けば夏期スタートのアニメが幾つか始まっていますね。
良作揃いのようなので、これからが楽しみです。

2009/07/13 21:51 |アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。