スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

小雪の夜に小説を

5-32.png

「たったひとりきりでいい、なぜ俺は、
 誰かを少しでも幸せに近づけることが出来なかったんだろう」
― 『小説・秒速5センチメートル』より

どうもこんばんわお久しぶりです。
昨日は"小雪(しょうせつ)"という節気だったようですが、
『寒さまだ深くなく、雪がまだ大降りでない頃』なんて意味があるようです。
要は雪が降り始める時期ってことで。どうりで寒いわけだ。


雪と言えば冬、冬と言えば秒速5センチメートルの季節!(2章は夏の話だけど)
公開されてもう2年ぐらい経つんですね…月日の流れは早いものです。

絵は小説版でのみ書かれたシーンなんですが(映画でもPV部分で少し出たかも?)
主人公の貴樹が現在の恋人と別れ、仕事を辞めて帰宅する時に自分の心を探り
これまでを振り返って後悔の念に苛まれる場面です。

実際には十分周囲の人を幸せにしてきたんだけど、
それに気づく事もできないほど追い詰められているというのが読んでいて辛い…!
『映画でもこのシーンを入れてほしかったなあ(´・ω・`)』…というがっかり感をばねに
描いてみました。


そんなこんなで作品を観て、ノベライズ版を買うまで嵌ったこの作品なわけですが
この小説版、映画の補完具合が素晴らしいです。

例えば、中学時代の貴樹が転校した明里と文通するようになった場面。
映画では「明里と手紙のやり取りをするようになった」とさらっと流されてしまうんですが、
小説の地の文では


明里と手紙のやりとりをすることで、僕は以前よりずっと生きやすくなったように感じた。
たとえば退屈な授業を、はっきり退屈だと思うことができるようになった。
…そして不思議なことに、そう思えるようになってからの方が耐えることが
ずっとたやすくなった。


と事細かに説明が加わっていて、個人的にこの補完具合が非常に心地よいです。

他にも、劇中で明かされなかった、子供時代の明里が貴樹に書いた手紙の内容が
最後の方で明らかにされていて、その子供ながらの精一杯の言葉選びがもうね…
泣けるとはちょっと違って、懐かしい気持ちになると言うか、とにかく不思議な感じです。
他にも紹介したい部分が沢山あるけど訴えられたら困るのでこの辺にしておきますw

映画本編についてもまだ書きたいことがあるんですが、そもそも貴樹って(略)

…とまあ、そういうことです(ぇ
新海監督の次回作も現在制作中との事なので、首を長くして待ちたいと思います。

2009/11/23 21:28 |COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

小説版……そういうのもあるのか!
いろいろ補完されてたんですね。
考察、大変楽しく読ませていただきました。

>『努力した分だけ報われてほしい』
最後の最後で、彼女と触れ合って欲しい、という視聴者の願望を
あっさり裏切る日常。
でもきっと、あそこで話をすることが出来たとしても、もっと傷つく貴樹を
見るだけなんでしょうね。
そういう意味で、あの最後は精一杯の優しさだったのかもしれません。
(修造の応援がなければ、一歩踏み出す勇気は湧いてこないw)

>貴樹は明日の自分かもしれない
そういう虚無感に対し、
「じゃあ、明後日からはまた違う自分を探そうぜ!」
って言ってくれる女の子がいた――

みたいな希望が欲しいっす! 欲しいっす!

No:180 2009/11/27 00:01 | のな #- URL [ 編集 ]

> のなさん
コメントありがとうございます!

> 小説
小説って、臨場感溢れる描写を読んでいると『この場面を描かずに死ねるか!』みたいな
原因不明の使命感に駆られてしまう気がするんです。
他の人もそうですよね…ってあれ、誰も賛同してない!? (゚∀゚≡゚∀゚)

> 考察
考察なんて大したものじゃないけど、気が付いたら書いていたという代物で…w
こういう旬の話題じゃなくてもさらっと書けるのはブログならではですよねー。
(ちょっと赤裸々に書きすぎたので(略)に隠しましたがw)

3章の貴樹は昔ほど明里に執着はしていないんだけど
それでも心のどこかでは影を追い求めている、というのが凄くリアルですよね。
踏み切りで振り返ったけどお互い会えなかったのが”優しさ”というのは
言い得て妙だと思います!

> 希望が欲しいっす! 欲しいっす!
そんなあなたにリンコさん! つDSiLL
ラブプラスは現実なんです。信じるものだけが救われる現実なんです。


今回のコメントとは関係ないんですが、
前にタレコミを頂いたKiss×Sis5巻が非常にけしからん内容でした。

べ、別に前のコメントで気になったから買ったとかじゃなくて
いたいけな青少年の目にうっかり入らないように
本屋から一冊でも多く回収するのに協力しただけなんだからね!
あーけしからんけしからん!( ゚∀゚)=3

No:184 2009/11/27 21:30 | ふるひろ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。