スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

『今期終了アニメを評価してみないかい?10』

ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人』様の企画、
『今期終了アニメを評価してみないかい?10』の時期がやってきました。
こんな絵ブログがいつも当たり前のように参加していいんでしょうか、
という疑問を胸の奥にしまい込んで、今回も独断に基づいて書いていきます。

この記事で書く感想は

けいおん!!
世紀末オカルト学院
RAINBOW 二舎六房の七人
みつどもえ
生徒会役員共
あそびにいくヨ!

の6つです。
実際は8作品の最終回を見届けましたが、見逃し回数が多い作品は
正当な評価ができない可能性があるので外してあります。
それではどうぞ~

-----------------------------------------------------------------

【けいおん!!】
ストーリー…3
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4
総合点…24

原作未読。
京アニが細心の注力で作ったのが伝わってくる作品でした。
音楽関係は1期の頃と変わらずハイレベルだったけど、
真新しさはなかったので少し評価低めに。慣れとは怖い怖い。

-----------------------------------------------------------------

【世紀末オカルト学院】
ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4
総合点…24

アニメノチカラ枠第3弾。
1クールで視聴者の気を引き、話として展開させ、綺麗に終わらせる。
ましてや、原作が評価を受けた事のないオリジナルだとしたら、
その苦労やリスクはいかばかりか。
そんなアニメビジネスの裏事情が垣間見えてきそうな作品でした。
要するに「ああ、制作に苦労してるんだろうなあ…」と。

最終部分は超展開というか、美風は開始当初から怪しく描かれすぎていて
ああこれはミスリードだなと思っていたけど…裏の裏をかかれた気分です。
全体のバランスを考えると、中間部分で少しだれたけど綺麗に纏まっていたと思います。
なんでもこれまでの3作品は同一世界の話だという見方もできるそうですが
制作サイドがそういう遊び要素をあえて含めたとしたら面白いですね。

最終話で第4弾の告知がなかったのでこのシリーズも終わりか…と思いきや、
シャフトがオリジナル作品で参戦するとの噂が。
…えっ、シャフト? 新房監督?

-----------------------------------------------------------------

【RAINBOW 二舎六房の七人】
ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5
演出…4
音楽…4
総合的な評価…5
総合点…27

原作未読。
少年院を出所した(一部脱獄もあるけど)7人の生き様を描いた作品。

とにかく熱かった!恐ろしいほどキャラが立ってた!
少年院編は暴力沙汰などエグイ描写があり、観ていて辛い回もありましたが
萌えアニメが横行する中でよくぞこれをアニメ化したと賞賛したいです。
バレモトの「俺一人ここを出ても…お前らが一緒じゃないと意味無いんだよォ!」
というような台詞で視聴継続を決定したのはいい思い出です。

出所後編はそれぞれの人物にスポットを当てていく形式になったけど
キャラにより話の面白さにムラがあったのが、ちょっと残念です。
原作準拠だからアニメ側に責任はないですけどね。
良い作品でした。
原作の途中で終わったみたいなので、2期があったら観たい作品です。

-----------------------------------------------------------------

【みつどもえ】
ストーリー…4
キャラクター性…5
画…3
演出…3
音楽…4
総合的な評価…4
総合点…23

原作未読。
コミックスの絵柄が初期と最近でかなり違っているので
キャラデザの人は苦労しただろうなあと思います。
…という絵描きの視点は横へ置いといて。

「萌えは日常にあり」の真理を思い出させてくれるギャグアニメでした。
勘違いネタの完成度が高くて観ていて楽しかったです。

ロリ+下ネタという某アグ○スが扉を開けて乗り込んできそうな
デンジャーな作品だったけど、よく制作に踏み切ったなあと思います。
その外圧に屈しないスタッフの姿勢に政治家の皆さんも見習わないとね!

余談ですが、これを観てから自分の変態度が上がった気がするけど
それは気のせいだと思いたい。ひとは可愛いよひとは。

-----------------------------------------------------------------

【生徒会役員共】
ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3
総合点…18

下ネタギャグ枠、第2弾。
特筆すべき内容はありませんが、私は最後まで視聴していたので
結果的に面白かったという事なんだろう。(政治家風に)

いや、質はともかく安定した面白さはあったと思いますよ?
果たして2期はあるんでしょうか。

-----------------------------------------------------------------

【あそびにいくヨ!】
ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3
総合点…17

今期の「どうしてこうなった…」賞を贈りたい作品。
敢えてオブラートを外して書くと、視聴後、何も心に残らなかった。

中盤で皆が男臭い唄を歌い始めたときは、正直どうしようかと思った。
綾波レイじゃなくてもどんな顔をすればいいのか分からなかったと思う。

あとは…キャラデザが好みじゃなかったのも低評価の原因かもしれません。
うん…どうしてああなってしまったんでしょうね…

-----------------------------------------------------------------


【ベストキャラクター賞】
リナ・デイヴィス(HEROMAN)

【ベストOP賞】
みつどもえOP「みっつ数えて大集合!」
中毒性が高い良曲でした

【ベストED賞】
けいおん!!「NO,Thank You!」

【ベスト声優賞・男性】
小栗 旬(RAINBOW 二舎六房の七人:水上真理雄役)
俳優だけ甘く見ていたけど、終盤は上手くなってました

【ベスト声優賞・女性】
戸松 遥(みつどもえ)

-----------------------------------------------------------------

ここまで読んで下さってありがとうございます。

最近は終了した作品の劇場行きが多いけど、これは何かの前触れなのか、
単なるファンサービスなのか、資金回収のためなのか。
世界にはまだまだ謎が多いと感じる今日この頃です。
秋期は夏以上にハイレベルな作品が名を連ねていますが、
原作を知らない作品に絞って観ていこうと思います。

2010/10/30 20:08 |アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。