スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

『Solatorobo ~それからCODAへ~』プレイ総括

Solatorobo~それからCODAへ~(通常版) 特典 予約特典・スペシャルDVD「Soratorobo Prelude Disc」付きSolatorobo~それからCODAへ~(通常版) 特典 予約特典・スペシャルDVD「Soratorobo Prelude Disc」付き
(2010/10/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る


とりあえずクリアしたので感想など。

十数年前にPS1で発売されたテイルコンチェルトと同一世界の作品ということで
密かに気になっていたので購入。
テイルコンチェルトやったの学生の時だよなー…と余り言うと歳がばれるので
まあそれは置いといて…('A`)

簡単に言えば、ロボに乗って物を掴んだりしながら3Dのフィールドを進む
よくあるアクションゲーム。
話は…世界が破滅するーとか敵キャラが味方になるーとお約束要素満載の王道。
しかしながら、ケモノ+人間という下火なジャンルにフルプライスで挑む姿勢は
無謀なのか大胆不敵というか何と言うか。
バンナム…無茶しやがって…


前作のテイルコンチェルトもロボに乗った犬キャラが主人公で、
そちらは掴む+水玉を噴射する攻撃手段があったけど
今回は掴むオンリーで、機能を削った分、スキル要素が加わることで強化されてる感じ。

操作はダッシュで移動できるのでほとんどストレス無し。
ただ、ジャンプとダッシュが同じボタンなので(1回押しと2回押しで効果が変わる)
操作ミスが出てしまった辺りはやや残念かなあ。
あと、画面の奥の方に移動すると小さくて見づらかった(ポリゴンが細かくないので)
慣れれば問題ないけど。

グラフィックはPSPゲー辺りと比べるとやはり粗さが目に付いてガッカリしたけど、
DSにしてはかなり頑張ってる部類。
何より、生活感を感じさせながらもファンタジックな世界観は素晴らしいの一言。
構想10年、開発3年は伊達じゃない。
設定資料集を見ると分かるのですが、ゲームに全く出てこない住民のトイレの様式まで
細かに設定してあった。すごい、スタッフの本気度が半端ない。


結局面白かったのかと言えば…時間を忘れてプレイしていたという意味では
楽しんでいたんじゃないかと。
自分は寝食を忘れてやるほどではなかったかなー。

でも、前作に無かった機体のカスタマイズはやりこみ要素として面白かったし、
シリーズ伝統の黒猫団のチビ猫を捕まえて写真を取り戻す要素も良かった。
何より目立つバグが無かったのが良かった! あれ、これは普通か…


現在、レベルやロボのカスタマイズを引き継いで2周目に突入していますが、
ストーリーは変わらないのでまったり進めていこうと思います。
スタッフに愛されてるなーと感じさせる良作でした。

2010/11/21 00:24 |ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。