スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

吐息雪色

前回の更新から、早くも2週間経過。
短期間のうちに一気に寒くなりましたね。指が寒くて作業がなかなか捗りません。
そろそろ本格的に暖房器具を用意しないと…

えー、現在3枚の絵が同時進行していますので、現段階では発表できる形になっていません。
といっても互いに関連性があるわけでもなく、ただ時間が無いから並行しているだけという
後ろ向きな理由です。1日が48時間あればいいのに。
というわけで、最近読んだ本の感想でお茶にごし。


吐息雪色 (メディアワークス文庫)吐息雪色 (メディアワークス文庫)
(2010/11/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


この絵で「ん?」と気づいた方も多いと思いますが、表紙・挿絵はワカマツカオリさんという方で
他作品だと怪盗ロ○イヤルなどのキャラ担当でご存知の方も多いかと思います。
和を感じさせる切り絵のような画風と、ソリッドかつ繊細なラインが印象的で格好いいです。
一枚絵としてもこの表紙のセンスは個人的にツボすぎます。
そんな今回の内容は、


+++あらすじ+++

幼い頃に両親を亡くした佳帆は、ずっと妹と二人で生きてきた。ある日、私立図書館の司書、舞原葵依に恋をした佳帆は、真っ直ぐな心で、彼への想いを育んでいく。 しかし、葵依には四年前に失踪した最愛の妻がいた。
 葵依の痛みを知った佳帆は、自らの想いを噛み殺し、彼の幸せだけを願う。届かなくても、叶わなくても、想うことは出来る。 穏やかな日々の中で、葵依の再生を願う佳帆だったが、彼女自身にも抱えきれない哀しい秘密があって……。
<公式紹介より>

…と、いつものように公式あらすじを引用しましたが
要はOLが惚れた図書館の司書が既婚者で、さらに司書にもOLにも特殊な事情があった、
という話なんですが(ぶっちゃけすぎ)、この作品自体に大きな仕掛けがあります。
小説の様式を逆手に取ったというか、本来加える説明を省くことで読者にミスリードさせるのが
相変わらず上手い。発想が柔軟な人って凄いなあと思います。

前作『永遠虹路』を読了したときは「ああ、この作者さんも安定期に入ったのかな…」という
やや肩透かしな印象を持ったというのは昔に書きましたが、そんな先入観から不意を突かれました。
これを読んでいたのが自室だったら「なん…だと…」とリアルに呟いていたと思います。

他作品で言えば、年始にプレイしたゲーム「極限脱出 9時間9人9の扉」で、隠されていた秘密が
全て明らかになったとき以来の衝撃です。あれ、分かりにくい?
叙述トリックのヒントをコードギアスで例えるなら、スザクが物語終盤で「ルルーシュ、君は嘘を重ねすぎた。君にできることがあるとすれば、自分の嘘を本当にすることだ」みたいな台詞を言った場面でしょうか。
あれ、余計に分かりづらくなったような…


ネタバレしない範囲でもう少し詳しく書くと、主人公は妹の真奈と2人で暮らしていて
真奈は高校中退の引き篭もりニートで日々ネットゲームを嗜む自他共に認める駄目人間で
さらに姉好き
、という社会模様を反映した多属性キャラで、物語のキーとなっています。
駄目な妹とそれを甘やかす姉、というコンビは鉄板だけどなんと強力なことよ。
読んでいる途中で今回の謎は予想できたけど、残り半分は構成が見事で読み切れなかった。

気になる点を挙げるとすれば、主人公の『アレ』を本当に実行に移してしまう性格とか
それを受け入れる司書の感情がいまいち伝わってこない(何考えてるのか分からないキャラだから、
と言われればそれまでだけど、やはり感情移入しづらかった)など幾つか有りますが、
今回は物語構成の勝利、ということで良作カテゴリに入れておきます。

2010/12/09 22:51 |小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。