スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

「早く書いて、夕方のアニメに間に合わない」

20110925.jpg

"もしも長門さんがツンツンした学級委員長だったら"
・・・という妄想から生まれた絵。

なぜ「委員長=ツンツン」というイメージが強いのかちょっと考えてみたけど
よく分からなかったので考えない事にしましたw

それよりも絵の話を。
宙に浮いているわけでは無く、空気机&イスです。
去る数年前、足しげく通っていた絵描きさんのサイトにこんな感じの絵があって、
「キャラが隠れてしまうので机とイスは消しました^^」という絵のコメントを読んで
その発想は無かったわ・・・と目から鱗だったのを思い出したので真似してみました。

あっさりした塗り加減でそれなりに見られる絵を狙ってみたんですが
結局いつもと大差が無いという(ノ∀`)


■おまけ
本屋で見かけたデザインの本を参考にちょっと加工してみました。
は、果たしてスタイリッシュなのかこれは・・・?

20110925-2.jpg


同人誌やイラストの美しいデザイン100―レイアウトの基本から配色、文字組みまで同人誌やイラストの美しいデザイン100―レイアウトの基本から配色、文字組みまで
(2011/08)
STARWALKER STUDIO

商品詳細を見る

参考にしたのはこれです。すごく分かりやすかったのでオススメ。


前々回更新の捕捉ありがとうございます~

SOS団員によるSOS団員のためのニュース?
ハルヒブログ
Fate雑記
春が大好きっ

2011/09/25 18:26 |涼宮ハルヒ関係COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

「再放送のドラマ見るから」じゃないあたり、
時間的猶予が少し長くて、長門さんマジ天使。
というわけですね、分かります。

>委員長=ツンツン
まさに様式美、と言わざるを得ないテンプレですが、
なんでこの様式が一般化したんですんかね~。
小学生くらいの女子委員長が責任感から来る厳しさをはき違えて、
「あたしのバックには先生がいるから(キリッ」
というちょっとウザい感じが元なんでしょうか。
(それを広めた作品はなんだったんだろう)

レイアウトの参考書、発売直後くらいに
ネットで見かけて気になってたんですが、

>すごく分かりやすかったのでオススメ。

これを信じてポチりましたw
(責任取ってもらおう、うん)

スタイリッシュかどうかは――
言ったもん勝ちな気がするので、長門さんも
スタイリッシュ! だと思います!
(人物のために机とイスを取っ払う、というのは確かにいいですね。合理的で)
背景を描かず、人物だけで勝負するのって
ほんと悩みますよね('A`)
余白を埋めるのか空けるのか、
白を使うのか使わないのか(主にフチ、ライン)、
暖色か寒色か、などなど。
これだ! という自分のテンプレが作れたらいいんですけどね~。

No:315 2011/09/27 00:58 | いるす #- URL [ 編集 ]

>いるすさん
どもどもコメントありがとうございますっヽ(゚∀゚)ノ

> 「あたしのバックには先生がいるから(キリッ」
権力を行使できる立ち位置というのは的を射ているかもですねー
権力者らしく大人を見習って厳しく有らなければ、みたいな意識が背伸びさせて
それが原因で一部の層から嫌われたりもするけど、それに対抗するように
さらにツンツン化が進行して・・・

つまり何が言いたいかといえば
夕方のドラマは録画してあるから心配ないという事じゃないでしょうか(何で!?)


> レイアウトの参考書
専門書はハイレベルだけど敷居が高い、でもイラスト講座本だと
デザインについてあまり触れていない・・・という現状を上手く突いている本だと思うんです。
って結構なお値段なのにポチッちゃったんですか、すげえw

背景や絵の効果を考えるのは毎回悩ましいけど、それが楽しかったりもするんですよねー
(これだけはやるまい、という効果も試してみると実は絵に合っていたというのもよくある話でw)
その辺りについても実用的な例が幾つかあったので参考になると思いますよ(゚∀゚)

> 責任取ってもらおう、うん
「せ、責任って・・・?」「私に言わせる気ですか?分かってるくせに♪」
という台詞の続きを高速で打ち出したふるひろの脳はもう色々と手遅れだと思いました

No:316 2011/09/27 22:31 | ふるひろ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。