スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

本当にイベントに申し込んだ

('A`)…

('A`)昨日も更新したような気がしたけど、気のせいだったか…


どうも、冬アニメが次々終わっていくのが悲しいふるひろです。
今期の中ではAnotherが好きでした。鳴ちゃんぺろぺろ!

そしてついにパソコンモニターを新調しました。
17インチ→23インチワイドへの大進化。
ブラウザを起動したとき最初に思ったことは、

( ゚д゚) YahooとかGoogleの左右の余白広っ!

でした。気になるのでウィンドウは少し左右の幅を縮めて使ってます。
そして予想通り、コミスタもSAIも画面が広いので使いやすいです。
この勢いに乗ってどんどん描いていきたいですね。


話は変わり、6月3日にインテックス大阪で開催されるオールジャンルイベント
Comic Communication 16』に申し込んでみました。
ネタの為だけにカットを描いたりしない、転んでもただでは起きない。
真のカットはこちらです。

cccut.jpg

大阪だからたこ焼き描いたなんて言えるはずがない

今回も新刊出しま…出したいです。
内容は長門さんの短編詰め合わせ漫画本の予定で、
恐らくハルヒ関係では最後の本かと思われます。

まあ前回も最後とか言っていた気がするのであてにはなりませんけどね!
万が一力及ばなかった場合は、遺憾の意を表しつつ既刊のみを並べます。

そんなこんなで、4月からは漫画本の制作をがんばります。
去年は夏期のブログ放置が酷かったので、今年こそ制作中も更新したいですね…


■「檸檬先輩がひと夏の間にやってくれました」 あの夏 11~12話感想

イチカの姉エミカが登場した前回の続きから始まった今回。
意外な状況の重さから妹を無理やり連れ戻そうと来たけど
力づくでは行動しない聡明な人でした。このアニメはいい人ばっかりだな!

そんな中、檸檬先輩から
「この星に人類と宇宙人が接触した痕跡が見つかれば文明レベルが最低ではなくなる」
「レベルが上がればイチカは地球に留まれるかも」
 ↓
「イチカの持つイメージがその鍵に違いないから確かめに行こう」

という提案を持ちかけられることに。えっ、何それは(困惑)

「イチカと皆が接触している時点で最初の条件はクリアされてるんじゃ…」
なんて思っても断じて言ってはいけないのです。
檸檬先輩の言う事は絶対なのです。

しかしこの超展開、同時期に放送した新テニスの王子様で
敵キャラが幻の球を打ってくるというチートな技を出してきたのに対して、
主人公側のプレイヤー手塚は「それならば俺も幻になればいい」とファントム化して
打球を打ち返したのと同じトンデモ臭がします。

その後は、
・仲間が命がけで陽動する中でも、主人公とイチカはイチャイチャ
・もうイチャカに改名しろ
・乗っていた車がトランスフォーム
・免許を持っていた檸檬先輩は本当にMIBのメンバーだった
・(学年的な意味で)永遠の17歳
・出ることはないと思っていた哲朗姉の旦那が登場

などの伏線回収を経て、結局捕まって連行されたイチカ。
捕まるのかよ!と笑っちゃった。感動のシーンなのに・・・

ラストの展開を見るとまた地球に戻ってきていたので
すごい組織に属していた檸檬先輩がなんとかしてくれたんだと思います。
なんという便利キャラっ・・・!(脚本家にとって)


総括すれば、あの夏~は「ウェルカムバック、おねティー」
「恋愛に宇宙ネタを融合してエンタメに昇華した作品」だったと思います。
宇宙人ネタを抜きにすれば普通の恋愛ドラマなんですよねー。
その割りに主人公とイチカ以外はカップルになっていないんですよねー。
哲朗はあの付き合うまでのフワフワした関係を一秒でも長く楽めばいいと思う。
この眼鏡リア充め・・・(苦々しい顔をしながら)

ちなみにこの作品は長野が舞台で巡礼なんかも歓迎されているみたいですが
作中で何度か出てきたおやき、ふるひろはかぼちゃ味が好きです(どうでもいい)

それにしても・・・美桜の脱ぎキャラはなんだったのか。檸檬先輩はなぜ通学してたのか。
公式で否定されるまでは、檸檬先輩と美桜も宇宙人説を唱えていきたい。


前回の漫画をハルヒブログ様、春が大好きっ様で紹介していただけたようです。
いつもありがとうございます。

2012/04/02 00:00 |同人関連COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

まさか、そういう方向で新刊作るとは……やるなぁふるひろさん。

と思っていたら、4/1ネタだったとは……!
(去年もニュースサイトになるというネタに引っかかった人)

この感じはあれですね、元アイレムがエイプリルフールに本気を出すのに
似ている気がします。(小手先ではなく全力というところ)

「鬱!県立北高校」のすごく続きが読みたい所ですが、
本当の新刊を頑張ってくださいw

>あの夏
いきなり超展開……ということでもない……のかな?
(宇宙人とかのガジェットは最初からオープンだったから)

>「イチカと皆が接触している時点で最初の条件はクリアされてるんじゃ…」
ビザみたいなものなんじゃないでしょうか。
・未開の地から救助信号が出てた→早くピックアップしないと殺される恐れが……。
となってしまうけど、痕跡があれば
・かつて調査隊が来ていたから、外交手段が使える(対話する窓口がある)かも?
みたいな。

しかし……モヤモヤが残るおわり方だった気がします。
みずほ先生も帰っちゃったわけだし。ううむ。
(柑菜が可哀想じゃないか!)
みんな別の星から来た宇宙人で、地球の日本だけは争うことなく異種族が混じり合える場所、
という設定があったに違いない。
きっとそうに違いない。
それでも柑菜が可哀想じゃないか!

No:331 2012/04/06 01:02 | いるす #- URL [ 編集 ]

>いるすさん
コメントあざまーすッ!ヽ(゚∀゚)ノ

遅ればせながら、4/1のイベントお疲れさまでした~
良かった…会場入りしたらドッキリの垂れ幕が(ry、なんて展開は無かったんですね!
(やったら徹夜で新刊準備した人からフルボッコされるw)


> 4/1ネタ
本当は丸一話分描く予定だったんですが、諸事情により
カット形式になってしまいました('A`)
なんだかんだ言って準備してしまうのはもう体質みたいなものですねw

全部のサイトを見て回れませんでしたが、今年の大手はネタ被りが少なくて
バラけてた印象がありますね~
アイレムのネタが見られなかったことが心残りで…(ブワッ

> 「鬱!県立北高校」
先月に実写版を見てしまった影響がこんなところでw
そうですね…20012年ぐらいのイベントで出せたらいいなあと(出す気ないじゃねーか)


> あの夏
宇宙ガジェットの存在は最初から明示されていたけど
MIB側の装備が明確になったのは最終話付近でやや唐突だったので
超展開というよりは急展開ですね(´・ω・`)

> ビザみたいなものなんじゃないでしょうか。
一度接触していれば2回目以降の応対が変わるのが一般的だから
それに賭けたと考えると納得がいきますね。なるほどー。
考察の浅さを反省してちょっと檸檬先輩に踏まれてきます…(我々の業界ではry)

> みんな別の星から来た宇宙人
「先輩から見れば、俺だって宇宙人です!」ネタが使えますね!ヤッター!

メインキャラが6人で、檸檬先輩が見守るポジションだったから
誰か余るだろうなあと予想はしていたんです。
最終話で檸檬先輩が去り、哲朗と美桜がくっつくのも時間の問題だから
やはり柑菜ちゃんが…;;
今気づいたけど、最終話感想で一ミリも柑菜に触れていないじゃないですかー!

同人的には、イチカが連行されて海人と再会するまでスポットタイムが
柑菜ちゃんの逆転チャンスだと思います(それなんてNTR?)
キャラ同士の組み合わせが豊富だから夏イベントの薄い本が増えそうですね…!

No:332 2012/04/07 08:47 | ふるひろ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。