スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ドルアーガの塔 第10話「夏の終わりに」

■ある登頂者の証言…

asan.gif
 あの時俺たちは、ドラゴンに行く手を塞がれて立ち往生していた。
 不貞寝する者、自暴自棄になって賭け事に興じる者も見かけたよ。
 そんな時、ジルが皆を率いて立ち上がらせてくれ、終いにはあの巨獣を倒しちまった。
 ジルは文字通り皆の命の恩人だよ。


数週間後…そこには氷漬けになったかつての戦友たちが!

金剛の宮に辿り着いたジル一行。
いきなり見知った者の死を見せられるシリアスな場面からスタート。
今週も重い話になりそうだ…

ブルークリスタルロッドが叶えるのはただ一つの願いという事実に驚くジル。
存在するのかさえはっきり解らないブツなのに、なんでそんなことが分かるんだろう。

(最終回に向けて)ジルパーティのそれぞれの願いがおさらいされていた。

ジル:なし(ドルアーガを倒せればいい)
カーヤ:病気の弟を治すためだと言い張るも不明
アーメイ:結婚を申し込んでくれた相手の真意を知る?
メルト:一族の復興?
クーパ:どうでもいい
ku-pa.gif
本編でもこのブログでも扱いの酷いクーパさん

うーむ、クーパが怪しいんだよなあ。これまで願望とか露わにしてこなかったし。
皆がロッドを奪い合って力尽きた後、漁夫の利的にさっと奪っていきそうだ。
可愛い顔して実は…みたいな。

そういえば今回、ジルの周りにカイが頻出してたなあ。
どう見てもカーヤの祖先なのに気づかないジル。
気づけよ。姿とか顔つきとかそっくりじゃないか。
この世界にはセーラームーンみたいに変身前、変身後ともに同じ顔なのに
見た人が誰も気か付かないみたいな法則が流れているのか。

ニーバの肩を持つサキュバスとジルの肩を持つカイ。
テーブルに向かい合ってる演出が良かった。
悪と正義、かと思ったら実は同士だったとは。ちょっと驚いたぜ。

カーヤに戦う目的を2度も問われ、答えられないジル。ついには呆れられる。
修復不能な結婚7年目の夫婦並に険悪な雰囲気。
イリーザ様も書いてるけど、OPのラブラブな雰囲気は何だったんだ。
まさかOPからフェイクがあったとは。

塔がキャストオフしてスリムになったところで次回へ。

次回の次回、第12回目が最終回。って、これって1クールだったんだ…
ギャグ回やる余裕とか見せるから2クールかと思ってた。

タグ : ドルアーガの塔

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。