スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ドルアーガの塔 第11話「ただ一枚の盾として」

復活したドルアーガと生き残り組が戦い始めた今回。

ニーバが虚無の矢なるものを持ち込んでいてまずは障壁を破ることに成功。
続いて2発目…と思ったらパズズの邪魔が。
本当は強いのに登場するタイミングが絶妙すぎて小物っぽい。

ニーバの作戦が失敗したと知らずに陽動を続けるウトゥとファティナ。
ウトゥに一撃が入ってしまいもはやこれまでか…!
と思ったらジルパーティに助けられる。
ドラマかと思うくらい本当にみんなギリギリで駆けつけるな。

クーパに羽毛布団のように軽々と持ち上げられるウトゥに
笑っちゃいけない場面だけど笑ってしまった。

その後ジルとアーメイのコンビで劣勢を打開しようとするも
ドルアーガの背後を取ったアーメイが逆に背後を取られてしまい…

意識が朦朧とする中、一人一人のパーティを気遣うアーメイ。
最期の時に、自分以外の人間を心から案ずることの出来た
アーメイは、どんなに人間として上等か・・・!

そして最期の言葉が「良い妻になります…」
うわぁああああ(ノД`)・゜・。

ずっとこの一言を言うためにひたすら頑張ってきたんだろうなあ。
最後まで戦士として気を張って生きてきて、最期は女性として死んでいった。
言葉が見つかりません。卑怯だぞゴンゾ!(誉め言葉)

amei.jpg
お疲れ様…

一方、皆が戦略的撤退してぬっと出てきたパズズ。
隠し玉の棺桶型兵器を使おうとして矢であっさりやられる。
おおう、予想通りだ…
祖先?を蘇らせようとしていたみたいけど結局何だったんだ。

やがて障壁が復活してしまい絶望が支配する中、ジルのもとにカイが。
何がしたいの?と問われて自問し、ようやく戦う意味を見いだす。
『皆を守りたい、ただ一枚の盾として』

カーヤの持つ切り札、実は生きていたニーバ、ウルク軍の生き残り。
そしてこの言葉が次回にどう生きてくるのか。
次でいよいよ最終回。

……期待していいの…か?

タグ : ドルアーガの塔 アニメ 感想 イラスト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。