スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ストライクウィッチーズ 第2話「私にできること」

先週の続きで、一行がブリタニアに向かう途中にネウロイに襲われて
絶体絶命の状況で主人公が覚醒する話。

どこへ行っても「邪魔だ!」「ここにお前の居場所はない!」と突き放されて
しょんぼりする芳佳。
扱いがひどい気もしたけど状況が状況だから無理もないか。

皆が戦闘に向かう中で、何か自分にできることは無いかと模索する。
そんな時、ネウロイの放った攻撃が戦艦に命中して…

芳佳が意識を失っているとき、父親の言葉を思い出す。
「お前には大きな力がある。みんなを守るような立派な人になりなさい」
その後目覚め、目の前には父親の造ったストライカーが…

父親の造った装備だというのが戦いを決意するポイントだと予想していたけど
本当に父親がキーパーソンとは…捻りが無展開が直球ですなあ。

その後覚醒した芳佳と坂本のタッグでネウロイを押し
同じくウィッチと思われるキャラが止めを刺して勝利。

それにしても、芳佳が活躍するたびに
坂本さんが「なんて奴だ…」「まさかここまでとは…」を連発するもんで
某忍者漫画を思い出してしまった(^^;


N△RUT○風ストライクウィッチーズ(△、○は伏字)
ネウロイの形が違うけど気にしてはいけない。

ブリタニアに到着した芳佳が手紙の住所を訪ねると、そこは焼け跡。
父親はすでに亡くなっていた!
その展開は読んでなかった。これで再会する可能性は無しか…
父親の意思をついで芳佳はウィッチーズに入隊を決める。

うーむ、好意的に感想書いたつもりだけど、何かが足りない感が否めない。
この先も感想を書き続けるかは次で、3話まで観て決めるつもり。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。