スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

とらドラ!#15「星は、遠く」

珍しく北村にスポットが当たっていた回。
今週はシリアス成分多目でした。


とらドラ!第15話 星は、遠く


アバンで心ここにあらずの北村。
生徒会長と何かあったようだけど一体何が…?

翌日、金髪で登校した北村。
コミックのこの話の回は髪にベタを塗らなくていいから楽だろうなあ、と考えてしまった僕は
どこに出しても恥ずかしい絵描き脳です。喜べばいいのか悲しめばいのか。

金髪にした理由を知りたい、と北村をよく知るメンバーが集められます。
『北村に近しい人を集めた割に、生徒会メンバーの割合が少なくね?』
と思っても突っ込んではいけないんです。大人には色々あるんです。

教室への帰り道、生徒会長を問い詰めようとする亜美。
さっそく視聴者が気になっている事を聞いてくれました。
そして何気に久しぶりな、そっくりさん二人の共演。

でも残念なんです。
長らく視聴を続けてきたせいで生徒会長と亜美を見分けられてしまった自分が。
「か、会長が二人(略」とか言ってた無垢なあの頃にはもう戻れないのか…orz

大河と話し合い、北村を心配して様子を見に行く事に決まった竜児とみのりん。
誰だ、下校デートにしか見えないなんて言うのは! あの二人は本気で心配しているというのに!
…はい、僕だけですね、すいません。

大人の世界で仕事をしているから、と亜美に肩入れするみのりん。
「自分達は北村を分かってあげられない」
「それでも亜美なら…亜美ならきっと何とかしてくれる…!」(要約)

…と、今回はシリアス成分が多目でした。
時にはこんな表情も

いつもはしゃいでいるだけにこのギャップは大きい…
そして竜児とみのりんの距離はますます近づいた気がします。ああ羨ましいなチクショウ!

帰宅した竜児、なんと北村が家に来ていました。
普段通り明るく振舞うけど、布団で眠る時は枕を涙で濡らす北村。
No! 君がやっちゃダメ! 枕を濡らすのはイメージ的に女の子の役割だよ!
…いや、北村より生徒会長のが男勝りだからこれでいいのかも。そんな気がする冬の1月。

散歩中のオリオン座の話は良かったです。
星を人に準える話をに弱いんですよ自分…涙腺が(´;ω;`)

翌日、金で買われて(間違ってない)打ちっ放しではしゃいだりして楽しく過ごす3人。
しかし髪を元に戻す話になると北村逃走…ああ、結局なにも解決してないんですよね。

そして翌日、大河が生徒会長に立候補…だと…?(゚д゚ )
何か策があるっぽいけど果たしてどうなるのか。

結局、今回の話では北村落ち込みの理由は明かされませんでした。
真相の解明は次回に持ち越しのようです。

2009/01/15 20:17 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

とらドラ!#14「しあわせの手乗りタイガー」

録画失敗しました。

ジャパネットたかたの社長が、熱心に商品説明をしている映像が録画されていました。
あっはっは、この人チャンネル間違えてやんの!

…スイマセン。他ブログ様の記事を見てストーリーを確認しておきます。
次週こそは…orz

2009/01/09 09:32 |とらドラ!(終)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

とらドラ!#13「大橋高校文化祭【後編】」

イチャイチャ回。
それ以上でもそれ以下でもなく、皆がそれぞれ良い思いをしていました。
亜美? ああ、亜美は…(以下略


とらドラ!第13話 大橋高校文化祭【後編】


先週の感想で、大河父が遅れながらも登場するのでは?みたいな事を予想しましたが
そこは漢、見事に登場してくれました。回想シーンで。

この男、「行けそうにないから大河に謝っておいてね」メールを
なぜか竜児に送信してきました。
あれれ、二人はいつの間にメルアドを教えあう仲に。

なんてこった、虫も殺さないような善人面なのに最低野郎(前科持ち)だったのか…。
しかもメールで済ませるってどれだけ外道ですか。

私事で恐縮ですが、その昔、後輩の女の子が
「メールで告られたけど、どうしたらいいですか?」と言ってきたので
「そんな事をメールで済ませようとする輩は振れ!」と返信しておきました。
コミュニケーション手段の多い便利な世の中だけども、
直接言わなければいけない事はやはりあると思うのです。
おっと、うっかり真面目なことを書いてしまったぜ(何

プロレスショーが終わり、続いて始まったミスコン。
亜美は内なる自分を上手に解き放っていいとこ取り。
しかし、父親が来ないことを知らないで信じ続ける大河。
最後まで信じていたけど、結局裏切られてしまいました。
不憫だ…(´;ω;`)

その後キレてなぜか鞄に入る芸を披露するエスパー大河さん。
突然開催された福男レース。
実行委員貝が自ら学園祭をジャックしてきました。
新ジャンル:セルフジャック。もう訳が分かりません。

「少しでも速く大河の元へ」と参加する竜児。
ヤンキー面という設定が久々に生かされ、周囲を怖がらせつつトップに躍り出ます。
乱入してきたみのりんも併走。陸上部に卑怯な手で倒されても飛び道具で粉砕。
二人で手を取り合って見事ゴールしました。
レースなんて出てないでさっさと大河の所に駆け寄ってやればいいんじゃないの?
と思ってたけど、二人ともティアラ贈呈のために参加してたのね…

レースが終わり、キャンプファイヤータイムに突入。
みのりんの「私って女の子が好きなのかな」発言にびびる竜児。
大河とみのりんが出来てしまうと、残された竜児&北村が同人誌でカップリングにされる、
彼が顔を引きつらせて焦るのも当然ってもんです。

そんなわけで竜児とみのりんも仲直りし、大河と北村も一緒に踊ることができて
学園祭は大団円を迎えました。うん、良い最終回だった(違)

みのりんの「わたし普通に話してる」発言、会長の前でデレる北村など
今後への伏線を散りばめつつ次回へ。
次はどんな話になるのか想像がつかないけど、大河が幸せになる話のようです。

そういえば今日はクリスマスか…
今回イチャイチャする話を持ってきたのは偶然ですか?偶然ですか?

2008/12/25 14:01 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

とらドラ!#12「大橋高校文化祭【中編】」

師走。

ブログの更新頻度が落ちても「だって師走だから」で許されてしまう時期です。
クリスマスに雪が降らなさそうなのも師走のせいだし、
「そもそも25日は仕事だっつーの!」という人が多いのも師走のせいです。
アニメ感想の記事に一個人の事情が見え隠れするのも、もちろん師走のせいです。

今回の竜児達も、文化祭の準備と本番のために師走じゃないけど忙しく走り回ります。
おっ、上手く本題に繋がった…ような気がする。


とらドラ!第12話 大橋高校文化祭【中編】


前回の続きで、プロレスショー(ガチ)の準備にいそしむクラスメンバー。
楽しげな光景を見ていると学生時代が懐かしくなります。

ここ数話、大河とみのりんに見せ場を奪われ続けて焦りを感じたのか
亜美が視聴者の不意を付いて最終奥義ツインテールを発動。
ぐふっ、すごい破壊力だったぜ…

一方、大河は竜児のアドバイス通りに父親と交流を深めようと頑張ってます。
そんな状況を知ったみのりん、なぜか大激怒。今回の件に関わる竜児とも言い争いに。

  。  。
 / / ポーン!
( Д )
これには意表を突かれた。あの竜児がみのりんを怒鳴る日が来るとは…
大河の家庭事情を何やら詳しく知っている感があったけど、
あの温厚なみのりんが豹変するほどの事情とは。
いや、もしやあれがみのりんの素だったり…しないか。

しかし、大河父はどうも突っ走ると周りが見えなくなる傾向がありますな。
最初に通帳残高を空にして無理矢理会おうとしてたのも然り、
文化祭前日に大河を連れ回してたのも然り。
悪い人じゃないんだけど、近くにいて欲しくないタイプの人間だなあ。
…いやちょっと待てよ、御飯奢ってくれるなら(略

亜美は亜美で、竜児の良き親友みたいなポジションに収まりつつあったり。
『少し先を歩いていくよ』の場面で、なぜか秒速5センチメートルを思い出した。
構図とか意識したのかね。

気まずい関係のまま、ついに文化祭当日を迎えた竜児達。
みのりんおやっさん役かいwしかも児玉さんまでw
アッタクチャンスの時に手がぷるぷる震えていた所に芸の細かさを感じた。

しかし、プロレスショーで一番ガチだったのは先生だった。
さすが投票者本人、身を以ってガチの何たるかを教えてくれましたね!
そしてそのままモルグへ。しばらく帰ってこないでください(ぇ

出し物が終了し、立派に役目を終えたヒロインズ。
しかし来ると言っていた大河父は現れなかった…
どうなる次回!
どうせ「いやー急な仕事が入っちゃったよーゴメンゴメン^^;」とか言いながら
悪びれもせず登場するだろうと適当に予想しておきます。

2008/12/18 21:21 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

とらドラ!#11「大橋高校文化祭【前編】」

文化祭準備と、大河父登場の回。
家族愛の絡んだ、とらドラならぬ昼ドラのような話でした。


とらドラ!第11話 大橋高校文化祭【前編】


作中では夏休みが終わり、文化祭が控える2学期が始まった所。
亜美もすっかりクラスに馴染み、日常が戻ろうとしているとかいないとか。

別荘でのUFOの話を持ち出してみのりんと仲を深めようとするも、
ナチュラルにはぐらかされてしょんぼりな竜児。
UFOは探したいけどお前とじゃねえんだよっ!ですね、分かります。

文化祭の出し物で女子のコスプレを見たいがために結託する男子ズ。
多数決で押し切ろうとわざわざ更衣室で画策したのに
なぜか任意票から選出する選ぶ春田に吹いた。あ、アホの子だ…

しかもそれが暴走した先生による1票「プロレスショー」
誰が得するんだこれ…いや、女子が主役なら得かも…

前回の感想で「主役5人がハプニングを起こすに違いない」と書いたけど
まさか伏兵がいるとは…
”先生は聖職者ではないのです、たまに人としての道を踏み外すだけなのです…”
絶対この人就くべき仕事を間違えてるよ!

そんな浮かれ調子の学校生活とは裏腹に、ゆらぎ始める大河の家族関係。
帰ってきて欲しいと言う父親に取り合おうとしない大河と、求めても父親のいない竜児。
現実から目を背ける大河の態度にブチ切れる竜児。そして大河はいつも通り逃走…
…と思いきや、

竜児の忠告を聞き入れた…だと…?(゚д゚ )

急所を蹴られてマケボノ状態になっていた父親の元に歩み寄る大河。
竜児の言う事だから聞き入れたと言った…こ、この娘、本当に大河なのか?(失礼)

これは”父親の所に戻る→マンション引越し→最悪の場合転校”フラグ?
いや、さすがに転校は無いか。ヒロイン退場に繋がるしミスコンもあるし。

というかマンション一室買い与えるってどれだけ儲けてるんですかお父さん。
今まで突っ込まなかったけど。

今回は脚本のせいか家族話のせいか、いつもの3割り増しで性格の悪いタイガーだったけど
1話の頃を考えると変わったなーと思います。
しかし竜児…みのりん好きと言いながら大河を想って行動してばかりなのはどういうわけだ。
二股か、二股なのか。

次回は文化祭編の中編。あれ、文化祭って3部構成だったんだ。
先週2部構成と書いてしまった…

2008/12/11 18:10 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(6)  

とらドラ!#10「花火」

今回は甘酸っぱいです。

みのりんを怖がらせるために画策する竜児と大河に北村(と亜美)も参戦。
しかしすべてはみのりんの計画通りで、掌の上で踊らされていただけだった。
心霊現象に怖がっていたのは演技でした、ズコー(AA略)


とらドラ! 第10話「花火」


■フラグボーイ、竜児
自分でも気づかないうちにあちこちでフラグを立てまくる優男。
榊野学園の生徒だったら最終話で惨殺されてしまいますよ!
No more nice boat.

キッチンでみのりんに褒められまくり、さらに花火で距離が縮まってと、
先週に続いて美味しい思いをできて羨ましい限りです。
今後何か嫌な事が起きる前触れじゃないと良いですね。し、嫉妬じゃないよ!

■今週は大人しめだった大河
とらドラコンビ、一夜を共に過ごす。しかし何も起こらず。
「け、倦怠期だからですか!? そうなんですね!」
とドキドキしていたら
心霊現象のせいで部屋に帰れなくて眠れなかっただけだと。
あーはいはいそうでしたね(テンションの落ちた声で)

そして、北村がみのりんを丸め込んで洞窟に入る場面で
「あの口車、かっこいい…」

今週のとらドラで一番笑った台詞。
本来は悪い意味の口車でも、北村の行動だから何をやっても格好良く見える大河ビジョンの怪。
北村が悪の道に墜ちても「あのアウトローっぷり、かっこいい…」とか言いそうだ。
恋は盲目です。

北村と共に探検できて花火できたから、
先週よりは良い思いをしてたんじゃないでしょうか。
竜児とみのりんを見る寂しそうな表情が引っかかるけれども。

■今週のみのりん
弁当作りの時に竜児から「昨日の事だけど…」と話し掛けられ、
すぐに昨晩の幽霊話だと理解した所を見ると、本人もずっと気にしていたっぽい。
『油断して本心を話してしまった』とは気が置けない間柄に近づいた証拠ですね。
こういう丁寧な心理描写は好感が持てます。

終盤の二人で花火をしながら語り合う場面は、もう青春としか言いようが無い。
それはもう、観ている側が鬱になるぐらいに(ぇ

竜児が人の嫌がる事をしない人間だから、自分を怖がらせるために行動したのには
理由があるに違いない、その理由を知りたがるみのりん。
竜児の想いに気がついたのか、まだ掴みかけただけなのか。
二人の関係が少しづつ動き始めた事は確かなようです。
青春だなー…(今回こればっかり)

■今週の北村
今回の黒幕の側近でした。どんどんネタキャラに…

■あきらめない女性(ひと)、亜美
お色気担当の人。
竜児にアプローチを仕掛けるも邪魔が入ったり本気にされなかったりと
今週もカワイソスな人でした。やはりビキニのリボンを外さなかったのが敗因か。

しかし『月と太陽』の話は興味深かった。
竜児はみのりに憧れだけを抱いてるから、いざ接近した時
憧れだけでは関係は心地よいものとならない、対等な関係の方が楽だ、と。
例えば僕が新垣結衣と付き合っても、憧れだけだからお互いに居心地が悪くなると
言いたいんですね、よく分かります。
なぜここで新垣結衣が出たのかは僕にも分かりません。


来週は学園祭の話、そして初の前編&後編の構成。
この5人はハプニングを起こしまくるに違いない。

2008/12/04 16:42 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(4)  

とらドラ!#9「海にいこうと君は」

『夏は人を身も心も裸にするぜ!』
今回はそんなお話。

前回の水泳勝負からの流れで別荘に行くことになった竜児達。
彼らも個性的という点を除けば、遊びたい盛りのごくごく普通の高校生なのです。
今回はそんな5人のゆるーい旅行話…

だと思っていたら駅での集合から既におかしかった。
「Choo Choo TRAIN」で二人を出迎える北村みのりんの変態ペア。4人での千手観音。
すごく…他人の振りをしたいです。
さすがとらドラ、期待を裏切らないぜ…


とらドラ!第9話 「海にいこうと君は」


■今週の竜児:
亜美の事を大河に話す姿はもはや犬そのもの。くぎゅーと共演した呪いですね、分かります。
みのりんと夜のテラスで語らい、という美味しいシチュエーションに恵まれ
「櫛枝にもいつか幽霊が見れたらいいと思う」と回りくどい告白をしたりと、
今回は割といい思いをしていたような印象が。
あれ、今までが酷すぎたのか。

■今週の大河:
美味しいシチュエーションを逃してしまい、今回は竜児のサポートに回る悲しい役。
しかしながら、北村といるとドキドキしてしまって失敗するけど
竜児といると安心して素の自分を出せる事を再確認。
確かに暗い部屋で語り合うシーンなんかはもう、結婚数年目の安定期に入った夫婦みたいだった。
とらドラコンビは一番安心して観ていられるなー。

■今週の底が見えないみのりん
「ミンナニハ ナイショダヨ」 それなんてゼルダの伝説?

みのりんにとって、幽霊(恋愛)=目に見えないもの、そして自分には見えないもの。
普段の明るさからは想像できないような、恋愛という感情が掴めないという本音。
なんかすごい伏線のように思えてきた。
本質的に竜児と噛み合ってないような気もしたけど、考えてみたら二人で話すシーンって
これまで数少なかったから当然なのかも。時間が解決してくれるのかね。

■変態という名の変態、北村
亜美に「生徒会はいいの?」と訊かれていたのは何だったんだろう。
これも今後の伏線っぽい。

そして裸。撮影されて喜ぶなw
夏は人を解放的にすると言うけど、これはキャストオフしすぎです。
これまで出番が少なかった分を挽回して、一気に視聴者の印象に残ろうという腹なのか。

■頑張ってるけどあまり報われない亜美
北村のフルヌードを拝んでも卒倒しない鉄の女、亜美。
別荘に皆を連れてきた張本人なのにどうにも置いてきぼりな感じでカワイソス(´・ω・`)
竜児が本気で気になっているのか、単にからかい甲斐があるのでおちょくっているのか
まだまだ掴めないです。微妙な四角関係に気づいているようなので、自分も輪に加わって
楽しみたいという思いも強いのか。

今回の話で「ボンボンボーン」という不名誉な称号が付きました。
作中に度々出てきた『わかめ』という単語と組み合わせて考えると破壊力倍増です。
亜美だけひどい感想ですね!

そして…静かに夜が更けていくかと思いきや、竜児と大河にホラーチックな出来事が。
告白したりスポーツしたり怖い目に遭ったりと忙しいアニメだなー。


うーむ、シリアスシーンがあると大人しい感想になってしまいます。
次回は別荘編完結でしょうか。水着回ひゃっほう!と言いたいところだけど
寒風吹き荒れるこの時期は気分的に100%堪能できないかも。
初期のテンポのよさは影を潜めてしまったけど、2クールが決定したらしいので
まったり進む予定なんですかね。

2008/11/27 18:44 |とらドラ!(終)COMMENT(2)TRACKBACK(5)  

とらドラ!#8「だれのため」

バーリトゥードって何だろうと思って調べると、どうやら総合格闘技らしい。
もしクジでこれが選ばれていたら、今回は泥んこプロレスでもやっていたんだろうか。
ドロドロの関係だけにプークスクスと思ってもそんな恥ずかしいギャグを書いてはいけない。
間違ってもブログなんかで公表してはいけない。

今回を一文で表すなら、『実録!外堀も内堀も埋まっていく大河さん』
これが週刊誌なら真ん中の白黒ページであることないこと書かれるレベル。

前回の続きで、スポーツで勝負することになった大河と亜美。
話自体はシンプルなんだけど、登場人物達の見えない相関図は混戦してます。


◆クラスメンバー:竜児と大河の仲をもはや疑うまでもない域と思い込む
「ご飯なに?」「えー肉がいい!」と話す光景はどう見ても夫婦です。または内縁の妻。
だから皆の認識は間違っていないと思います。
お前が信じるお前を信じろ!

◆北村:竜児と大河が仲良くしているのをみて満足げ
竜児と大河の仲を取り持っているようにしか見えない…

◆みのりん:竜児に対する評価が少し上がった…?
大河のために頑張っているので好感度がアップした模様。
みのりんは実のところ二人の関係をどう思っているんだろう。うーむ。

それより目がw 初見でなんか違和感があって巻き戻して観たら吹いた。
くじ引きと審判ぐらいしか出番が無かったのに何だこの存在感は…たまげたなあ。

◆亜美:前回竜児をからかっていたと思われたけど、実は本気…?
竜児が去った後のあの切なげな表情は嘘じゃないはず!

自販機の間に挟まったり、勝負なのにビキニを着てきたりと存在をアピールしようとするも、
周りのメンツが濃すぎて焼け石に水状態。
なんだか落ち目で打開策を見いだそうとするアイドルみたいになってます
「私達気が合うんじゃない?」と竜児に訊くも、つれない反応でカワイソス。
気が合う人なら校内を探せば他にいると思うよ!その人とは見た目も似てるけど。

◆とらドラコンビ:俺達はカップルじゃねえ!共同戦線だ!

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!          
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _~:、         /_.}'':,   またまたご冗談を
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
   .!-',/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'

「竜児は私のだー!」
証拠はあがってます。大河さんもう観念してください。

◆その他気になったこと
・数少ないインコちゃんのセリフ「痒い…」がその時の竜児の心境と合いすぎて吹いた。
・竜児がみのりんに頼りにされた嬉しさからてるてる坊主に拝む場面、
 それを見る大河の表情が「竜児…私のためにそこまで…」とでも言いたげで
 やや事実の認識にズレがあるのが観ていて興味深かった。


勝負に負けたから来週は亜美の別荘に行く話。
竜児だけかと思いきや、北村達も普通に加わるらしい。

そういえば今回が8話だからもうまとめに入る時期か…と思っていたら
これ2クールなんですな。なぜか1クールだと思いこんでた自分。
今は原作のどの辺なんだろう。

2008/11/20 18:59 |とらドラ!(終)COMMENT(3)TRACKBACK(5)  

とらドラ!#7「プールびらき」

亜美がややウザキャラだった、そして大河が少し可愛かった。
そんな今回。

大河視点で先週の修羅場をリプレイしてのスタート。
室内での事を隠そうと「中に誰もいませんよ…」(違)とみのりんを遠ざけようとする大河。
それに対し亜美、「認めたくないの?自分以外の女がこの家に足を踏み入れたこと」と煽る。
この余裕、告白はやっぱり冗談だったのか。ちくしょう、なんて時代だ!

北村に対する大河の想いに気づいていながら今回は竜児をダシに揺さぶったのは
大河の反応が予想外に大きかったからでしょうね。
亜美は場にあるカードでいかに大河をおちょくるか、が優先事項で
大河が誰を好きなのかはあまり気にしてないように思います。

OP明けて、またも友人に嘘性格で話しかけている亜美。
あれ、本性を晒すという話だったんじゃ…
それとも徐々に素を出していこうという作戦なのか。
相変わらずこの娘はよく分かりません。分からないので深く考えないことにします。

プールの授業の話題に何故か落ち込む大河。
腐らせてしまった水着の代わりを買いに行っても気分は沈んだまま。
竜児に問いただされ『泳げないから』とごまかした大河の真の悩みは、貧乳だった!

場面は変わり、大河のマンションで水着姿を確認する竜児。
高級マンションの一室とスクール水着という組み合わせがなんともマニアック…
ここから観始めた人は、竜児が金に物を言わせて室内でスク水を着せる
変態という名の紳士だと勘違いするに違いない。スク水はオプションで+8000円、みたいな。
はっ、何を書いてるんだ僕はΣ(゚Д゚ )

無い胸を気にする大河に竜児が一言。
「わかった、俺がなんとかしてやる!」

今週のとらドラで1番笑った台詞。
女の子の胸まで何とかできるのかよ!と声に出してツッコミそうになった。
そしてパッドを作って本当になんとかしてしまったのが凄い所。
てっきり揉んでサイズアップを図るのかと思ってた僕はもうダメかもわからんね。

しかし…二人だけの秘密が段々増えていくなーこの二人。
秘密は男女の関係を親密にしてしまうんだぜ?

やがて水泳が始まり、偽乳作戦が成功して顔を見合わせるとらドラコンビ。
はいはいお似合いお似合い。もうこの二人がカップルになればいいよ。
それよりもみのりんの髪型がツボだ。こんなに印象が変わるとは…

無礼講なゆる~い雰囲気に亜美が便乗して、プールの真ん中に大河を暴投。
落ちた衝撃でパットが外れてしまい、しかも大河は本当に泳げなかったので
やむを得ず竜児が生チチにタッチして修正。
なんという、うらやまけしからん…
「屈辱…」

プールの件で火花を散らす二人の前にみのりん登場。
なんというか、この人は亜美と大河のクッション的な立ち位置に落ち着きつつある印象が。
スポーツで勝負せぃ!という週刊少年誌的発想のもとに、スポーツ勝負をすることに。
あれ、こういうアニメだったのか。

今回は鉄板かと思われた作画が少し崩れてたのが残念。
予告で水泳の練習をしているシーンがあったから次回は本当にスポーツ勝負をやるらしい。
ところで要のラブコメ部分はいつ進展しますか?

2008/11/14 14:47 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

とらドラ!#6「ほんとの気持ち」

どうも、アヴァロンコードやってて更新遅れました。
僕は悪くない、こんなに熱中させるゲームの販売を許す社会が悪いんだ。

なんだか発言が犯罪者コメントみたいになってきたのでさっさと本題に入ります。

---------------------------------------------------------

あくまで二重人格を続ける亜美と、それを妨害する大河。

先週のラストで、お菓子を大量に買い込んで家路を急ぐ亜美を見て
大河が何かを掴んだような表情をしていましたけど
それを手札として使うことはありませんでしたね。
今後の切り札として取って置いたのなら…大河、恐ろしい子!

竜児・大河が帰宅途中、走ってきた亜美の背後に怪しい男が。
どちらかと言うとひ弱そうで、特徴の無い人相がすごく…生々しいです。

ということはモデル休業の原因はストーカー被害?
もっと引っ張るのかと思ったらAパートであっさり判明しました。

次の日、大河に苛め抜かれた亜美は二つの人格の境界がおかしなことに。
友達のいる前でも「ちょっと待てや!」とか言う様になっててワロタ。
弁当を食べるシーンでもみのりんの「昆布やる」「いらねっつーの」って返してたし。
志村!横!横! 竜児が聞いてる^^;

放課後、清掃ボランティアに参加することになったいつもの4人。
ここで、予想外ながらもあの二人の夢の共演シーンが。
マジですか!もうJ.C.STAFF本社に足を向けて寝られません。

会長が話しているシーンがロングショットとバストアップばかりだったけど、きっと偶然だと思います。
決して誰かと誰かをアップで同じ画面に入れないようにしたなんて疑ってはいけません。

生徒会は一般生徒と別れてゴミ拾いに向かうことになり、また4人で行動することに。
ここは原作通りなのか、または制作スタッフがこれ以上の共演は危険と感じたからなのか。
原作読んでない僕にとって真相は闇の中。

しかし北村、弁当の件に続いてまたしてもエスケープですかい!
『日本に火中の栗を拾いに行かせる英米』を思わせるあざやかな立ち回り、
彼は社会に出たら世渡りが上手そうです。

なんやかんやで亜美と一緒にゴミ拾いをすることになった竜児。
そこにストーカーが現れて怯えだす亜美。
偶然通った大河が写真に撮られてブチギレ。
それを見て亜美も素直に生きようと感化されたのでした。
あれ、こんな流れだっけ?まあいいや。

ストーカーの人が豹変した亜美に「嘘つき!」とか言ってたけど
生活を脅かすほど追い詰めていたのならなぜ二重人格に気づかなかったんだろう。
あんな風に見張ってれば分かるだろ…

しかし…
ストーカーに怯えて生活したり、なんとか撃退できて脱力したりと
こうして見てると亜美は性格以外普通の女の子なんだなーと思います。

素の自分を知っても接し方を変えない竜児にクラッときた(?)亜美。
モデルだけあって狙ったような美味しいポーズで詰め寄ります。
そこに大河が入ってきて…

昼ドラのようなすごい引きキター
次回の第一声は「この泥棒猫!」で決まりですね。

次は水着回。
水面に薄氷が張りそうなこの時期にあえて水着とはよく分かっていらっしゃる。

-----------------------------------------------------------

■今週のVIP
その回のVery Impact Pointを表彰するコーナー。次回があるのかは不明。

今週もみのりんの活躍ぶりは衰えていなかった。
しかし!何より心を掴んだのはAパートで出てきたPAKURI SWEATでした。
それではまた来週。

2008/11/07 01:58 |とらドラ!(終)COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。