スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

東のエデン #1「王子様を拾ったよ」/#2「憂鬱な月曜日」

どうもどうも。
春の新作アニメもそれぞれの世界観が見え初めて視聴を継続したり切ったりする頃合ですが、
先週から地元の放送局でもようやく東のエデンの放送が始まりました。

主人公がいきなり全裸だったり、ミサイルが日本に発射されたりと
作中のネタが偶然にも日本の北の衛星あんな事件や裸になって何が悪いこんな事件と
被りまくっています。
すげえ、ここまでくると神懸りだw

そんな予想のしようがない事情で思わぬロケットスタートを切った今作ですが、
1,2話では主人公滝沢と咲の出会いを描きつつ大まかな世界観が説明されました。

拳銃と携帯を持ってなぜか全裸でホワイトハウスの前に立っていた滝沢
世界の中心と言われるホワイトハウスを旅行で訪れていた森美咲
この二人の出会いから物語が動いていきます。
(どーでもいい事だけど、森美咲という名前を初めて見たときに
森が苗字で美咲が名前なのかと思った^^;)

思うところがあってホワイトハウスに硬貨を投げ込んで警察に詰問されている咲を
機転を利かせた滝沢が救い出し、咲は運命を感じてしまいます。全裸なのに。
別れた後も縁あって、共に日本に帰ろうということになったのが1話。

日本に到着後、記憶のない滝沢はパスポートに書かれた住所を訪ねることにして、
途中で滝沢と同じ携帯を持つ男:近藤と出会ったのが2話。
咲はまたも滝沢と行動を共にしています。相手は全裸だったのに(もう許してやれよ)

そんな2話まで視聴して分かったのは、
世界に『セレソン』と呼ばれる存在が複数いる事。
それぞれが100億円の電子マネーがチャージされた携帯を所持している事。


しかしながら、初登場時に滝沢が持っていた電子マネーは82億円
18億円はどこへ消えたのか…?
2話ではその謎が少し明かされ、どうやらNo.9(滝沢携帯のシリアルナンバー)の所有者が
高額な記憶消去プログラムをダウンロードするために使用したようです。
何のためにそんなことをしたのか…滝沢本人なのかそれとも他の誰かか…
これが物語の核だと思われます。

さらに公式サイトへ行くと、より多くの内容が明らかにされています。
『複数いるセレソン→数は12人』とか、
『セレソンの義務→100億円を日本を良くするために遣うこと』
『セレソンの中にサポータという特殊な役割の人間が一人紛れている』
『携帯を正しく使っていない者はサポーターに消される(物騒な意味で)』…などなど。

となると、視聴者側は主人公達より圧倒的に情報が多いわけで
滝沢がいかにしてこの情報に辿り着くかの過程を楽しむアニメなのかなーと見受けました。

…あれ、滝沢は空港から抜け出すためや梅ガムを買うために電子マネーを使ったけど
これって思いっきり私事だからアウトなのでは…

しかし! そんな難しい事はいいんです!
咲ちゃんが可愛いのでそれだけで視聴の価値は十分な気がします。
日本は早く2次元に入り込む装置を完成させる必要がありますね!
……はっ、そうか!その為に100億の電子マネーを(ry
saki.jpg今のところヒロインはこんなイメージ(どんなだよ)


そんな頭脳戦物と銘打っているアニメですが、I.G.制作でクオリティも問題なさそうだし
今期はこの作品を追いかけてみようと思います。

2009/04/26 20:48 |東のエデン(終)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

««BACK  | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。